HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第1巻第2章

マーリンは褒美としてユーサー・ペンドラゴン王とイグレインとの子を自分に渡すことを申し入れ,ユーサー・ペンドラゴン王はそれを了承する。

マーリンは魔法でユーサー・ペンドラゴン王をティンタージェル公の姿に変身させた。ユーサー・ペンドラゴン王はティンタージェル城でイグレインとの同衾に成功。

その3時間以上前にティンタージェル公は戦死していた。ユーサー・ペンドラゴン王とイグレインは和解し,結婚することになった。

イグレインとティンタージェル公との間には,マーゴース,エレーン,モルガン・ル・フェの3人の娘がいたが,ユーサー・ペンドラゴン王の提案で,マーゴースはロット王の妻に,エレーンはネントレス王の妻になった。モルガン・ル・フェは修道院に入れられて,そこで魔術を学び,後にユーリエンス王の妻となった。


*ちなみに,マーゴースとロット王との間には,ガーウェイン卿,ガヘリス卿,アグラヴェイン卿,ガレス卿という4人の子どもが生まれる。また,モルガン・ル・フェとユーリエンス王との間にはユーウェイン卿が生まれる。いずれの騎士も後の物語で重要な役割を担うことになる。また,恐ろしいことに,後にアーサー王はマーゴースとの間で子を作り,その子が王国を滅ぼすモードレッド卿である。

イグレインはどういう思いでユーサー・ペンドラゴン王の軍門に下ったのかとか,3人の娘たちはどう思っていたのかとか,女性たちのことを色々想像する余地がある。その時代では普通のことだったのだろうか。モルガン・ル・フェは実はファザコンで,だから復讐の為に後にアーサー王を殺害しようとしたとか色々考えられそうだ。



参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/10/13(火) 00:22:37|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第1巻第3章

ユーサー・ペンドラゴン王とマーリンとの間で,イグレインが生む子どもはエクター卿に養育させることが決まった。エクター卿もそれを了承した。

アーサー王が生まれ,約束どおりユーサー・ペンドラゴン王はマーリンに引き渡した。そして,マーリンはエクター卿へアーサー王を引き渡した。

*ちなみに,ここに出てくるエクター卿は,後に頻繁に登場するエクター・ド・マリス卿とは別人物である。エクター・ド・マリス卿はラーンスロット卿(アーサー王物語の実質上の主役)の異母兄弟で,バン王がアグラヴェイン卿の妻に産ませた子である。なんだかとってもふしだらな世界だ。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/10/14(水) 00:08:30|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第1巻第4章

アーサー王をエクター卿に託して約2年後,ユーサー・ペンドラゴン王は重病にかかり,その隙を狙った敵たちとの間で戦争が起こる。

マーリンの進言でユーサー・ペンドラゴン王は病気をおして出陣し,セント・オーバンズで北方の軍勢を打ち破る。

しかし,その後すぐにユーサー・ペンドラゴン王は次の王をアーサーにすると宣言して逝去。

ユーサー・ペンドラゴン王自ら出陣しないと戦争に勝てないということは,よっぽどカリスマ的な王様だったか,部下が不甲斐なかったからなんじゃないだろうか,とか考えたくなる。ちなみに,セント・オーバンズがイギリスのどの辺なのか解らないが,ネットで検索したら「ロンドンから北へ32キロ」と書かれているものもあったので,かなり首都の近くで戦ったのだなぁ,ユーサー・ペンドラゴン王は負けそうだったんだなぁ,北方の軍勢は頑張ったんだなぁとか思った。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/10/15(木) 00:24:00|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第1巻第5章

ユーサー・ペンドラゴン王の死後,強力な諸公たちは自ら王位につきたいと思っていたので,王国は分裂の危機にあった。

マーリンの進言で,カンタベリー大司教は,諸公たちに対し,正当な王になる者が誰かを示す奇跡が起こるだろうから,クリスマスまでにロンドンに来るようおふれを出す。

ロンドンの一番大きな教会の境内に石に突き刺さった剣が現れ,そこには(石なのか剣なのかは不明)この剣を引き抜いた者が全イングランドの正当な王であると書かれていた。

諸公たちは引き抜こうと試してみたが誰も引き抜けなかった。

元日には馬上槍試合を行うことになっており,エクター卿,ケイ卿,アーサーもそれに参加する為にロンドンにやってきた。

アーサーは,剣を忘れたケイ卿の為に石に突き刺さった剣を引き抜く。

アーサーから剣をもらったケイ卿は,自分こそが王になる資格があるのだと父エクター卿に言うが,嘘を見透かされて,すぐにアーサーが取ってきたのだと白状する。

エクター卿は,アーサーがもう一度剣を石に突き刺した剣を引き抜こうとしたが抜けなかった。

石に刺さった剣を抜く者が王となるという有名なエピソード。この剣がエクスカリバーだという説もあるらしいが,キャクストン版ではエクスカリバーは後に別に登場する。
急に弟分に頭を下げなければならなくなったケイ卿。嫉妬心で後にアーサー王に歯向かうかと思いきや,そんなことはせず,後に味のある地位(道化役との評価もあるらしい)を演じることになる。結構心が広くて憎めない人物なのかもしれない。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/10/16(金) 22:11:53|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第1巻第6章

アーサーが再び石に突き刺した剣を,ケイ卿が引き抜こうとしたが失敗。しかし,アーサーはエクター卿とケイ卿の目の前でやすやすと剣を引き抜いてしまう。

エクター卿とケイ卿はアーサーに忠誠を誓う。エクター卿は息子のケイ卿を国務長官にとりたててくれるようアーサーに頼み,アーサーは承諾した。

救世主顕現の祝日に,アーサーは諸侯らの前で剣を引き抜いてみせた。他の騎士たちは全員失敗した。しかし,アーサーが王となることに反対する者が多く,聖燭節に同じことをもう一度行ってみることになる。

聖燭節でもアーサーは剣を引き抜いてみせたが再度復活祭まで延期。復活祭にも同じことを行ったが,納得しない諸侯もいたので,聖霊降臨祭まで延期となった。

マーリンの進言に従い,カンタベリー大司教は,ユーサー・ペンドラゴン王が生前信頼していた騎士たちにアーサーの身辺を守らせた。


*救世主顕現の祝日(1月6日)
*聖燭節(2月2日,キャンドルマス)
*復活祭(年によって日付が変わる移動祝日,2010年は4月4日らしい)
*聖霊降臨祭(大体5月下旬から6月上旬か,2010年は5月23日らしい,ベンテコスト)
*要するに,アーサーが王となるまで約半年も延期となったということだ。

*ユーサー・ペンドラゴン王が信頼していた騎士として,ボードウィン卿,ケイ卿,ウルフィアス卿,ブラシァス卿の名が挙がっているが,ケイ卿は最近騎士になったばかりのはずでは?とか思った。確かユーサー・ペンドラゴン王はアーサーが産まれてから約2年後に逝去したはずだ。

参考リンク:Wikipedia「復活祭」
参考リンク:Wikipedia「ペンテコステ」(下記参考資料では「ベンテコスト」と表記されているが外来語の発音の問題で「ペンテコステ」と同じ意味)


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/10/17(土) 01:01:21|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。