HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

つかえる目安かどうか不明だが一応メモ

「実践ゲームマスターの達人」(G・ガイギャックス著,多摩豊訳,教養文庫,1990年)を読んでいたら,気になる記述を見つけた。

要は,シナリオ作成にあたって,
  1. プレイヤーが,シナリオとして用意していたことの3分の2を終えるまでは,偶然に目標を達成することがあってはならない。
  2. 用意したシナリオの90%は使われるように地図等を作成しなければならない。
ということらしいのだが,上記の本はテーブルトークRPGでのシナリオ作成のことについて書かれており,コンピュータRPGで適用できるものかどうか不明だ。

ていうか,シナリオの90%は使われるように作成しなければならないと言っているのに,3分の2(66%)のシナリオが使われれば良いというようにも読め,矛盾しているような気もする。

コンピュータRPGの場合,マルチシナリオやマルチエンディングということも考えられるので,上記の基準は必ずしもあてはまらないと思うのだが,私は忙しい社会人でも土日にサクッとプレイして達成感を味わえるゲームを目指しているので,よく検討しなければならないのかもしれない。

(プレイヤーがゲームをクリアした時,やり残したことがあると思わせてしまうと,ゲームクリアの達成感が薄れる危険性があるので,できるかぎりゲームクリアまで用意しておいたシナリオの全てを体験できるようにしておくべきだろう)

とりあえず,気になるからメモっておこうと思う。


関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/10/04(日) 00:33:36|
  2. シナリオ作成の研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クリムゾン攻略日記(目次) | ホーム | その昔「RPGツクールXP」で不満に感じたこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/99-8686adef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。