HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レベルアップについての考察(その2)

RPGでレベルアップに伴ってプレイヤー・キャラクターの能力値が上昇するのは楽しい。何故だか解らないが無性に楽しい。かのファイティング・ファンタジーがテーブルトークRPGとしてはあまり流行らなかったのはレベルアップの概念がなかったからだと思う。

レベルアップが楽しいのは,「今までできなかったことができるようになる」からであると思われる。

プレイヤー・キャラクターが「今までできなかったことができるようになる」ことで,現実世界ではあまり明確には意識できない「成長」を仮想体験できることになるからじゃないかなぁとか思う。


ところで,「オブリビオン」というゲームは,プレイヤー・キャラクターがレベルアップすると,敵も同じように強くなるので,「今までできなかったことができるようになる」という点は少し弱い。

しかし,「オブリビオン」でプレイヤー・キャラクターを成長させることは決して楽しくないものではない。ていうか,かなり楽しい。

「オブリビオン」におけるプレイヤー・キャラクターの成長はレベルアップだけではない。

スキルの値が一定値を越えると今まで制限されていたことが解除されたり(薬草の効能を1つにつき1種類ではなく,最大4種類認識できるようになる等),腕力が上昇するとより重い物が持ち運べるようになったり,知力が上昇するとよりMP消費量の高い魔法を使えるようになったりする。

単に数値が上昇するだけではなく,明確に「今までできなかったことができるようになる」ことがシステム化されているのだ。


そうすると(少し応用して考えると),レベルアップをしてもプレイヤー・キャラクターの能力値の数値は変化せず,システム上で「今までできなかったことができるようになる」ようにすれば,やはり楽しくなるのではないかと思いつく。

レベルアップをしても能力値的には全く変化せず,使える武器や魔法の種類が増えていくというのはどうだろうか。それだけで楽しくはないだろうか。

ていうか,レベルアップで能力値が上昇しても,フィールド画面や戦闘画面で表示されることが多いHPやMPの他の能力値を,ステータス場面を開いて確認して一喜一憂するプレイヤーはどれほどいるだろうか。

プレイヤー・キャラクターの能力値が上昇していくのを眺めるのも楽しいものだが,数値の上昇は本当に重要なものなのだろうか,とか思った。

関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/09/25(金) 22:21:40|
  2. ゲームの楽しさの考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レベルアップについての考察(その3) | ホーム | レベルアップについての考察(その1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/90-65c73548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。