HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイルランド王

「アイルランド王」と「アイルランドのアグウィッサンス王」は同一人物であると解するが,別人の可能性も捨てきれないので,「アイルランド王」と「アグウィッサンス王」に分けて記述することにする。

アイルランド王は,デンマーク王の弟ということである。

五人の王の反乱(デンマーク王,アイルランド王,ヴェイル王,ソレイズ王,ロングテイン島の王)に参加し,アーサー王,ケイ卿,グリフレット卿,ガーウェイン卿のうちの誰かに殺された。

キャクストン版では,その後,何事もなかったかのように再登場しているが,それがアグウィッサンス王なのかもしれない(すなわち,五人の王の反乱に参加したアイルランド王が死んで,アグウィッサンス王が新たにアイルランド王になったと考えられる)。

乙女の城で開かれたスコットランドのキャラドス王と北ウェールズ王との間の馬上槍試合の勝ち抜き戦に,キャラドス王側(アーサー王側でもある)として参加。
その試合の3日目に,北ウェールズ王に突き落とされた。

ハードロック城での大勝ち抜き戦では,アーサー王の敵側として参加した。

ロネゼップ城での馬上槍試合でもアーサー王の敵側として参加している。
1日目にはトリストラム卿とパロミデス卿を救おうとした。
3日目にはラーンスロット卿に突き落とされている。

聖燭祭の馬上槍試合でもアーサー王の敵側として参加し,ユーリエンス王を突き落とした。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/07/06(水) 20:31:49|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アイルランド王の娘 | ホーム | アイアンサイド卿>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/779-8e07e10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。