HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ストーリーが一本道のRPG

週刊ファミ通の特集記事(「これまでのゲーム これからのゲーム」第1回RPG編,2009.9.10号)で,「ストーリーは大事ですが,1本道はちょっとNGです」という意見が紹介されていた。

個人的には,ストーリーは1本道の方が好きだ。ゲームに費やせる時間が昔ほど多くないので,全てのストーリーを見る為に同じゲームを何度もやり直すのは辛い。

ていうか,ストーリーが分岐したり,マルチエンディングのRPGって,そんなにあるのか?

ということを考えていたら,いっそシステム的にも一本道のRPGを作ってしまったらどうだろうとか思いついた。
  1. プレイヤーの歩ける道は1本道で,分岐点が無いことは勿論,ちょっとでも横にそれたりもできない(縦マップなら上と下しか行けず,右や左には1歩も行けない)。
  2. ゲームとしての戦略性を高める手段として,一応道を戻ることもできるようにする(セーブポイントや回復ポイントまで戻ることはできるようにしておく)。
  3. 当然のことながら,イベントを避けることはできない。

  4. エンディングも1つしか無い。
これでプレイヤーに面白いと思わせることができたら,それはそれで凄いことだと思う。おそらくストーリーがプレイヤーを引きつけて離さないものになっているか,戦闘やレベルアップのシステムがそれ自体で楽しいものになっているかでないといけないと思う。

しかし,見せたいのがストーリーで,それを見せる手段がAVG(アドベンチャーゲーム)やサウンドノベルでは不適切なものであれば,このやり方も一応検討材料に入れておいても良いのではないか,とか思った。



関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/09/12(土) 23:43:34|
  2. アイデアメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<独創性かパターンか | ホーム | 1体の敵と戦い続けるゲーム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/77-88a181f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。