HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第21巻第5章

執事のルーカン卿とベディヴィア卿は,両側からアーサー王を持ち上げようとした。

その時,執事のルーカン卿の内臓の一部が体から飛び出し,死んでしまった。

アーサー王は,ベディヴィア卿に対し,エクスカリバーを水の中に投げ込むように命じた。

しかし,ベディヴィア卿は豪華な剣を捨てるのは罪であり,恥辱とまで考えたので,剣を捨てずに隠し,アーサー王には水の中に投げ込んだと嘘の報告をした。

アーサー王は,ベディヴィア卿に対し,剣を水中に投げた時に何を見たのか聞いた。

ベディヴィア卿は波と風のほかは何も見なかったと答えたので,アーサー王は嘘だとわかった。

アーサー王は,再度ベディヴィア卿に,エクスカリバーを水の中に投げ込むように命じたが,ベディヴィア卿は再度命令に背いた。

ベディヴィア卿は,3度目の命令で,ようやくエクスカリバーを水の中に投げ込んだ。

すると,水の中から腕が現れて剣を受け止めると,剣を握り締めて3度振り,最後に大きく振ると,剣を持ったまま水の中に消えてしまった。

アーサー王は,ベディヴィア卿からそのことを聞くと,その水辺に連れて行ってくれるよう頼んだ。

ベディヴィア卿がアーサー王を背負って水辺まで行くと,黒い頭巾をかぶった多くの貴婦人が乗る小船が待っていた。

ベディヴィア卿は,アーサー王の頼みで,アーサー王をその船に乗せた。

貴婦人の一人がアーサー王を抱きしめ,愛する弟よ,なぜこんなに長く待たせたのですか等と言った。

小船は岸を離れて漕ぎ出した。

ベディヴィア卿は,自分一人が敵に置き去りになることを心配になった。

アーサー王は,ベディヴィア卿に対し,傷を治すためにアヴァロンの島に行く,自分のことを聞かなくなったら,自分の魂のために祈って欲しいと告げた。

ベディヴィア卿は,小船が見えなくなるまで涙を流して悲しんだ。

その後,ベディヴィア卿は森に入って夜通し歩き続け,朝になると灰色の雑木林の間に礼拝堂と庵があるのに気づいた。

*アーサー王を抱きしめ,弟と呼んだ貴婦人については名前が明記されていないが,他の物語などではモルガン・ル・フェとするのが多い。
*モルガン・ル・フェはアーサー王から王位を奪うために色々と邪悪なことをしていたはずだが,弟としては愛していたのだろうか。

参考資料:「アーサー王物語Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/06/19(日) 20:35:50|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第21巻第6章 | ホーム | キャクストン版第21巻第4章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/761-132d1319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。