HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第20巻第22章

三週間後,怪我が治ったガーウェイン卿は,再度ラーンスロット卿に勝負を挑んだ。

今度は騎馬戦でガーウェイン卿は敗北した。

ラーンスロット卿は,その後の徒歩戦で,ガーウェイン卿の力が戻るまで耐え切り,再度打ち負かした。

ラーンスロット卿は,またガーウェイン卿を殺さなかった。

1ヵ月後,怪我が治ったガーウェイン卿は,またラーンスロット卿に勝負を挑もうと思っていたが,イングランドから便りが届き,アーサー王軍は全軍撤退する破目になった。

*ガーウェイン卿が怪我で3週間の治療を受けている間,アーサー王軍は城を包囲するのみで,ほとんど攻撃をしていなかったらしい。厭戦ムードが高まっていたが,ガーウェイン卿が一人頑張っているので,なかなか戦争をやめられなかったのだろう。ガーウェイン卿一人の意向で,王といえども軍を撤退させることができないということは,ガーウェイン卿は実はかなりの勢力を持つ騎士だったのではなかろうか,とか思った。

参考資料:「アーサー王物語Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/06/14(火) 20:44:11|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第21巻第1章 | ホーム | キャクストン版第20巻第21章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/756-f37eac7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。