HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第18巻第9章

ラーンスロット卿は,グィネヴィア王妃と相談の上,アーサー王の敵側の騎士として,ウィンチェスターの馬上槍試合に参加することにした。

ラーンスロット卿は,ウィンチェスターに出発し,途中でアストラットのバーナードと呼ばれる豪族の館に泊まることになった。

ラーンスロット卿は,アーサー王の敵側の騎士として試合に参加するつもりだったので,自分の正体を隠そうとしていた。

アーサー王は,城の庭を散歩している途中,ラーンスロット卿を見かけ,次の試合で正体を隠して参加するつもりなのだろうことを見抜いたが,側近の者たちには内緒にしておくことにした。

バーナード卿は,ラーンスロット卿のことを知らなかったが,立派な騎士だと見抜き,次男のラヴェイン卿を試合のお供に連れて行って欲しいと頼んだ。

また,バーナード卿は,ラーンスロット卿の求めに応じ,怪我をして馬に乗れない長男のテリー卿の盾を,ラーンスロット卿に貸すことにした。

バーナード卿には,エレーン・ル・ブランという娘がいた。

エレーン・ル・ブランは,「美しいアストラットの乙女」と呼ばれていた。

美しいアストラットの乙女は,正体不明の騎士(ラーンスロット卿)に恋をして,試合の際に自分の緋色の片袖(かたそで)を身に付けて欲しいと頼んだ。

ラーンスロット卿は,これまで婦人の愛の印を身に付けて試合に出たことが無かったので,自分の正体を隠すには好都合と思い,美しいアストラットの乙女の願いを聞き入れることにした。

ラーンスロット卿は,自分の盾を美しいアストラットの乙女に預けた。

*ラーンスロット卿も罪な男だ………という話。
*ていうか,ラーンスロット卿は何歳なのだろう。

参考資料:「アーサー王物語Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/04/12(火) 20:06:13|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第18巻第10章 | ホーム | キャクストン版第18巻第8章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/692-09d9c6d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。