HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第18巻第7章

ラーンスロット卿は,マドール・ド・ラ・ポルト卿を打ち負かした。

マドール・ド・ラ・ポルト卿は,グィネヴィア王妃が無実であることを認めた。

アーサー王とグィネヴィア王妃は喜んだ。

ラーンスロット卿(この時は正体不明の騎士)は,アーサー王のもとへ行き,葡萄酒を飲むよう勧められたので兜を脱いだ。

それで,皆はグィネヴィア王妃の為に戦った騎士は,湖のラーンスロット卿であることがわかった。

ラーンスロット卿は,自分の騎士叙命式の日に剣をなくして困っていたところ,グィネヴィア王妃が裾(すそ)の中に剣を包み,必要なときに渡してくれたので,居並ぶ騎士の中で恥をかかずにすんだことがあり,その日からグィネヴィア王妃の騎士になることを誓ったのだと言った。

グィネヴィア王妃は,ひどい仕打ちをしたにもかかわらず,ラーンスロット卿が親切にしてくれたので,悲しみのあまり地面に沈まんばかりに泣き崩れた。

*マドール・ド・ラ・ポルト卿は歴戦の強い騎士で,一時間近くも戦い,ラーンスロット卿を,彼の太腿に剣を突き刺すまで追い込んでいる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/04/10(日) 20:38:52|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第18巻第8章 | ホーム | キャクストン版第18巻第6章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/690-fe35a9e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。