HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第14巻第4章

イーブレイク王の願いは聞き入られ,彼はその後300年間神に身を捧げつつ生きてきた。

パーシヴァル・ド・ゲール卿は,僧院を出発し,とある谷間に来た。

そこには,切り殺された騎士を棺に入れて運んでいる二十人の武装した騎士がいて,パーシヴァル・ド・ゲール卿がアーサー王の騎士だと知ると,一斉に襲いかかってきた。

パーシヴァル・ド・ゲール卿は,二十人の武装した騎士のうち1人は打ち負かしたが,多勢に無勢で馬を殺され落馬した。

そこへ,赤い武具のガラハッド卿が現れ,二十人の武装した騎士を打ち負かして敗走させた。

パーシヴァル・ド・ゲール卿は,礼を言うためガラハッド卿を呼び止めようとしたが,ガラハッド卿は疾走し続け見えなくなってしまった。

パーシヴァル・ド・ゲール卿は,徒歩で泣きながらガラハッド卿を追っていたところ,黒い駿馬を曳いた従者と出会った。

パーシヴァル・ド・ゲール卿は,その従者に馬を貸して欲しいと頼んだが断られた。

その従者が言うには,この馬の持ち主は,誰かに馬を貸そうものなら,従者を殺してしまうような人物だった。

パーシヴァル・ド・ゲール卿が諦めて木陰で悲しんでいると,先ほどの黒い駿馬に乗った完全武装の騎士がやって来た。

*徒歩で泣きながらガラハッド卿の後を追うとは,かなり情けない場面のような気がするが………

参考資料:「アーサー王物語Ⅳ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/02/09(水) 20:33:28|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第14巻第5章 | ホーム | キャクストン版第14巻第3章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/628-c1e3c4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。