HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第13巻第3章

アーサー王の命により,ガーウェイン卿とパーシヴァル・ド・ゲール卿が剣を引き抜こうとしたが,失敗した。

アーサー王たちが宮廷に戻り,食事をしようと皆が円卓についた時,宮廷中の全ての扉や窓が一斉に閉じるという不思議な出来事が起こった。

そこへ,白衣をまとった老人が,剣も盾も持たず,ただ鞘だけを腰にかけた,赤い鎧をつけた騎士(ガラハッド卿)を連れてきた。

老人は,アーサー王に対し,連れてきた若き騎士はアリマタヤのヨセフの血縁にあたる者であると言った。

*剣を引き抜こうとしたガーウェイン卿やパーシヴァル・ド・ゲール卿が傷を負ったという記述は無い。ただ,ラーンスロット卿がガーウェイン卿に対して,この剣に触れれば酷い痛みを感じて,この国の最上の城をやると言われたところで,もう二度と触れたくないということですねと言っている場面があるのみである(ガーウェイン卿も,ラーンスロット卿のこの言に対して何も答えてない)。

参考資料:「アーサー王物語Ⅳ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/01/19(水) 20:19:39|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第13巻第4章 | ホーム | キャクストン版第13巻第2章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/607-acfc5f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。