HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第11巻第12章

アグロヴァル卿とパーシヴァル・ド・ゲール卿は,その後もラーンスロット卿を探す旅を続けた。

ある日,2人はカーディカン城で泊まった。

パーシヴァル・ド・ゲール卿は真夜中にアグロヴァル卿の従者を連れて,こっそりと出立した。

パーシヴァル・ド・ゲール卿は,石の橋の柱に鎖で繋がれていたパーシディズ卿を助けた。

パーシディズ卿は,橋の近くの城に泊まったところ,その城の婦人に気に入られ,愛人になるよう言い寄られたが,断った為に鎖で繋がれる羽目になったのだった。

パーシヴァル・ド・ゲール卿は,城から飛び出してきた一人の騎士を撃退し,パーシディズ卿と2人で城に乗り込んだ。

パーシヴァル・ド・ゲール卿は,パーシディズ卿の従者を助け,城の婦人を批判した。

パーシディズ卿は,パーシヴァル・ド・ゲール卿を自分の城に連れて行って歓待した。

パーシヴァル卿は,パーシディズ卿に対し,アーサー王の宮廷に行って,アグロヴァル卿に対しては,パーシディズ卿を助けたことや,ラーンスロット卿を見つけるまで戻らないこと,家令のケイ卿とモードレッド卿に対しては,二人のこれまでの評価よりも高い評価が得られるまでは宮廷には戻らないことを伝言するよう頼んだ。

パーシディズ卿は,アーサー王の宮廷に行き,アグロヴァル卿に会って伝言を伝えた。

*パーシヴァル・ド・ゲール卿が,何故アグロヴァル卿を置いて(しかもアグロヴァル卿の従者を連れ出して),こっそりと出立したのかは不明。
*家令のケイ卿とモードレッド卿は,パーシヴァル・ド・ゲール卿が騎士に叙せられた時に,嘲笑と軽蔑を示していた。

参考資料:「アーサー王物語Ⅳ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/31(金) 20:55:51|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第11巻第13章 | ホーム | キャクストン版第11巻第11章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/588-f85c61c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。