HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第10巻第86章

ラーンスロット卿とパロミデス卿は,トリストラム卿と一緒に「喜びの城」へと向かった。

ラーンスロット卿は3~4日後,エクター・ド・マリス卿と一緒に出立した。

パロミデス卿とディナダン卿は2ヶ月以上も滞在した。

パロミデス卿は,美しきイソードに対する報われない愛の為,日に日に元気がなくなった。

ある日,パロミデス卿は,泉のほとりに身を横たえ,美しきイソードと自分の詩を歌った。

トリストラム卿は,狩りの途中でそれを聞いてしまい,横になっているパロミデス卿をそのまま殺してしまいたいと思うほど怒った。

トリストラム卿は,パロミデス卿の裏切りを非難し,殺すと宣言。

パロミデス卿は,愛は万人にとって平等であるから裏切りではないと反論したが,戦いは拒まないと返した。

*唐突にエクター・ド・マリス卿とディナダン卿が出てくるが,ディナダン卿に関してはロネゼップ城での馬上槍試合が終わった後も「喜びの城」に滞在していたので理解できる。しかし,エクター・ド・マリス卿が出てくるのは不思議だ。エクター・ド・マリス卿もロネゼップ城での馬上槍試合が終わった後,「喜びの城」に1週間ほど滞在していたが,ブレオベリス卿と一緒にグィネヴィア王妃のところへ出立していたはずだ。
*パロミデス卿は,泉に写る自分のやつれた顔を見て,かつては「この世でもっとも美貌の騎士の一人といわれていたのに」と嘆いている。ちょっとナルシストだ。

参考資料:「アーサー王物語Ⅲ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/15(水) 20:36:35|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第10巻第87章 | ホーム | キャクストン版第10巻第85章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/572-527fd2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。