HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第10巻第74章

ロネゼップ城での馬上槍試合第二日目がはじまった。

ユーウェイン卿はスコットランド王の息子に勝利し,ルーカン卿はウェールズの王と引き分けた。

トリストラム卿は,ユーウェイン卿,ルーカン卿に勝利した。

トリストラム卿は,パロミデス卿に対して,昨日のように戦えるかと聞いた。

パロミデス卿は,疲れているし,昨日受けた傷も酷いので,今日は持ちこたえられないと嘘をついた。

そこで,トリストラム卿は,ガレス卿に援助(必要な時に助けてくれるように離れないようにする)を求めた。

パロミデス卿は,一人でオークニーの騎士たちの中に突っ込んでいった。

これを見たトリストラム卿は,パロミデス卿の強さに驚嘆し,彼が自分といるのが嫌になったのだと思った(援助を求められるのを嫌って嘘をついたので)。

ガレス卿は,トリストラム卿に対し,昨日のディナダン卿の罵りの言葉は,本当はトリストラム卿はパロミデス卿より数段強いと信じているので,トリストラム卿を奮起させる為にわざとやったことだと発破をかけた。

トリストラム卿は,これを聞いて奮起し,パロミデス卿よりも活躍した。

パロミデス卿は,賞賛の声が自分からトリストラム卿に離れていったので,今日は自分には名誉は得られないと悟り,試合の片隅に行き,トリストラム卿を眺めながら激しく泣いた。

*この章のタイトルは「第二日目にパロミデス卿がトリストラム卿を見捨てて敵側に回ってしまい,彼と対立したこと。」と書かれているが,本文にはパロミデス卿がトリストラム卿の敵側に回ったと読める記述は無い。嘘をついてまで援助の求めを回避した点が「見捨てた」ということになるのだろう。

参考資料:「アーサー王物語Ⅲ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/01(水) 20:37:13|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Project:Expansion作業日報(10) | ホーム | 「Ⅲ」(RPGツクール2000のサンプルゲーム)の感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/556-636f5d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。