HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第10巻第73章

翌日,アーサー王とラーンスロット卿は,トリストラム卿と美しきイソードたち一行が森に向かって行くのを見た。

ラーンスロット卿が,美しきイソードは,グィネヴィア王妃を除けば,この世で最も美しい婦人だと言うので,アーサー王は興味を持った。

アーサー王は,美しきイソードに会いに行き,冒険心から突然美しきイソードに話しかけ,じっと見つめるという行為に出た。

するとパロミデス卿が怒ってアーサー王に突進して落馬させた。

ラーンスロット卿は,アーサー王の仇をとるために,パロミデス卿と対戦して落馬させた。

トリストラム卿は,パロミデス卿の為に仇をとろうと思ったが,相手がアーサー王とラーンスロット卿であることを察して戦わなかった。

アーサー王たちが去った後,トリストラム卿は,いきなり騎士を突き落とすのは名誉ではない,突き落とした騎士はアーサー王だとパロミデス卿に説教をした。

しかし,パロミデス卿は,自分が突き落とした騎士がアーサー王だとは信じられない,やってしまったことは仕方がないと,あまり反省していないようだった。

*騎士と一緒に行動している婦人に対して,騎士を経由しないで突然話しかけるのは礼儀作法として間違っているという前提なのだと思う。
*パロミデス卿がやったことは,自分の主君(トリストラム卿)の愛する人(美しきイソード)の為であるから,特に非難されるべき行為では無さそうだが,現代人の感覚からすると違うのかもしれない。
*先のラーンスロット卿の馬の首を切り落とした件といい,パロミデス卿が無礼さが目立つが,これは彼が未だ異教徒という設定だからだと思う。
*トリストラム卿は,ディナダン卿を置いて行ったとの記述があるので,前の章で罵られたのを根に持っていたのだろうか。

参考資料:「アーサー王物語Ⅲ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/11/29(月) 20:27:05|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「Ⅲ」(RPGツクール2000のサンプルゲーム)の感想 | ホーム | キャクストン版第10巻第72章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/554-589005ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。