HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イメージとリアリズム

よほど特殊な設定でもない限りは,RPGのヒーローは,格好良くなければいけない(だろう)。

魔王やドラゴンといった強大・巨大・凶悪なモンスターと戦うのは格好良いイメージがある。

では,ライオンと戦うのは格好良いだろうか。たぶん,あんまり格好良い感じはしない。

現実に存在する動物で,しかも絶滅危惧種なので,弱い物イジメをしているような感じになってしまいかねない。


しかし,先日,ひょんなことから動物園に行くことになり,ライオンを見てきた。

檻に入っていたし,暑さでライオンも伸びていたようで,視覚的には全く怖いという感情は起きなかった。

しかし,鳴き声には心底ビビッた。

ガオー!という感じではなく,オウッ!オウッ!という感じだったのだが,その音量が凄まじい。

檻から100mほど離れたところにいても,たまにそのオウッ!オウッ!という鳴き声が聞こえてくる。

間近で吠えられたら,おそらく足が竦むだろう。

RPGでモンスターとして登場してしまうと雑魚扱いされそうなライオンだが,現実にはかなりのボスキャラだなぁと,「百獣の王」であることを再確認させられた。


それでもRPGでライオンをボスキャラとして登場させようとは思わない。

理屈ではなく,多分にイメージとか気分の問題ではあるが。

ゲームではリアリズムよりもイメージの方を重視したい。

関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/09/02(木) 21:24:24|
  2. ゲーム製作その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第10巻第10章 | ホーム | キャクストン版第10巻第9章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/466-60e00f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。