HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第9巻第40章

ディナダン卿は,ブルーンズ・サン・ピティ卿に兄を殺され,無理矢理恋人にさせられている婦人と出会った。

ディナダン卿は,ブルーンズ・サン・ピティ卿を撃退し,逃走させた。

トリストラム卿は,たまたまモルガン・ル・フェ王妃がいる城に宿を求め,大歓迎を受けたが,囚人となってしまった。

囚人とはいっても,トリストラム卿が何者なのかがわかれば解放される程度のものであった。

モルガン・ル・フェは,片側に自分の恋人の騎士を置き,もう片方の側にトリストラム卿を置いていた。

モルガン・ル・フェの恋人の騎士(ヘミソン卿)は,モルガン・ル・フェがいつもトリストラム卿のことを見つめているので嫉妬していた。

モルガン・ル・フェは,自分の恋人の騎士(ヘミソン卿)の嫉妬を不憫に思ったのか,トリストラム卿に対し,名前さえ教えてくれたら解放すると約束した。

トリストラム卿は,モルガン・ル・フェに対し,自分がリオネスのトリストラムであると名乗った。

モルガン・ル・フェは,トリストラム卿に対し,自分が渡す盾を身につけて,アーサー王がハード・ロック城で催す大勝ち抜き戦に参加し,腕をふるって欲しいと頼んだ。

トリストラム卿は,盾の図柄に疑問を抱いたが,その盾を身につけて勝ち抜き戦に参加することを了承した。

盾にはアーサー王とグィネヴィア王妃が描かれていたが,2人の頭の上に1人の騎士が立っていた。

王と王妃の頭の上に立つ騎士はラーンスロット卿で,モルガン・ル・フェはラーンスロット卿を陥れる為にその盾をトリストラム卿に渡したのだった。

*モルガン・ル・フェはラーンスロット卿のことを愛していたが,ラーンスロット卿はグィネヴィア王妃への愛の為にそれには応えなかった。そこで,モルガン・ル・フェはラーンスロット卿やグィネヴィア王妃を陥れることを画策したらしい。

参考資料:「アーサー王物語Ⅱ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/08/19(木) 22:39:40|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第9巻第41章 | ホーム | キャクストン版第9巻第39章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/452-f597e798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。