HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第9巻第26章

美しきイソード王妃から手紙を預かっていたブラグウェイン婦人は,眠っているトリストラム卿を見つけた。

トリストラム卿は,切ない気持ちが連綿と綴られた手紙を読み,ブラグウェイン婦人に対し,「乙女の城」での試合が終わった後に手紙の返事を持って行って欲しいと頼んだ。

トリストラム卿は,宿を探している最中に,老騎士ペローンズ卿に出会い,一緒に泊めてもらうことにした。

そこに従者カヴァーネルとペローンズ卿の息子のパーシディズ・ド・ブロイズ卿が合流した。

パーシディズ卿は,トリストラム卿がコーンウォールの騎士であることを知ると,以前マーク王の御前試合で十人の騎士を倒したが,リオネスのトリストラム卿に敗北し,自分の恋人を連れ去られてしまったと話した。

トリストラム卿は,自分の正体を隠しており,パーシディズ卿には,憎しみの剣はトリストラム卿には防ぎ切れまいと言った。

パーシディズ卿は,トリストラム卿は強いので,そんなこと(憎しみの剣はトリストラム卿には防ぎ切れない)はないが,どうしてもトリストラム卿に好意を持てないと言った。

トリストラム卿は,黒い馬に乗り,黒い楯を持つ騎士を見つけ,その騎士が誰であるかパーシディズ卿に尋ねた。

パーシディズ卿は,その騎士は異教徒のパロミデス卿であると答えた。

*ブラグウェイン婦人は,トリストラム卿が飼っていたパス・ブルーエルという馬を見て,眠っている騎士がトリストラム卿だと気付いた。
*パス・ブルーエルという馬は,トリストラム卿が森の中で狂人となっていた時にファーガス卿が飼っていた馬。

参考資料:「アーサー王物語Ⅱ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/08/05(木) 22:48:58|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第9巻第27章 | ホーム | Project:Expansion作業日報(9)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/438-beaa59c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。