HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第9巻第17章

トリストラム卿は,マーク王に自分がすぐ上の部屋にいることを気付かれることを恐れ,小塔のところまで言って武装を整えた。

トリストラム卿は,誰も立ち向かってこないことがわかると,従者ガヴァーネルに馬と槍を持って来させて,ティンタージェル城を出て行った。

ちょうど門のそばにいたギンガリン卿(ガーウェイン卿の息子)は,トリストラム卿目がけて突進したが,打ち負かされた。

トリストラム卿は,その後,仲間のファーガス卿と出会った。

トリストラム卿は,悲しみのあまり気を失って落馬し,三日三晩悲しみに沈んでいた。

トリストラム卿は,情報収集の為,ファーガス卿を宮廷へ送った。

ちょうどその頃,パロミデス卿も,トリストラム卿の様子を知ろうとして,一人の乙女を遣わしていた。

ファーガス卿とその乙女は出会い,トリストラム卿の居場所や,トリストラム卿が正気を失いかけていることを教えた。

ファーガス卿は,美しきイソードが悲しみのあまり病床にあることを知った。

乙女は,トリストラム卿のところへ行き,トリストラム卿を治そうとしたが,治そうとすればするほどトリストラム卿の苦しみは大きくなった。

トリストラム卿は,とうとう馬に乗って乙女から立ち去った。

乙女が再びトリストラム卿を見つけるまで,3日かかった。

乙女は,トリストラム卿に食事を運んだが,トリストラム卿は何一つ口にしようとせず,また乙女から逃げ出した。

乙女は,前にトリストラム卿がパロミデス卿と戦ったときに美しきイソードが二人を引き分けた城のそばでトリストラム卿を発見した。

乙女は,その城の女主人に事情を話し,城の女主人はトリストラム卿を保護した。

トリストラム卿は,3ヶ月ほどその城で過ごしたが,逃げ出した。

その後,トリストラム卿は身体に何もまとわなくなってしまい,痩せて肉も落ちた。

トリストラム卿は,農夫や羊飼いの仲間に加わった。

毎日食べ物と飲み物は与えられたが,悪いことをすれば棒で叩かれ,髪も阿呆のようにハサミで切られてしまった。

*ラーンスロット卿にも,同じようにグィネヴィア王妃とのいざこざで気が触れたエピソードがある。圧倒的な武力とか,主君の妻に惚れていることとか,匿名好きなこととか,かなりラーンスロット卿とキャラがかぶっている。

参考資料:「アーサー王物語Ⅱ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/24(土) 22:30:46|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第9巻第18章 | ホーム | キャクストン版第9巻第16章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/426-10e9bf0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。