HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第8巻第32章

トリストラム卿は美しきイソード王妃をマーク王のもとへ連れて帰って歓迎された。

しかし,トリストラム卿の従兄弟であるアンドレッド卿は,隙あらばトリストラム卿を破滅させてやろうと,トリストラム卿と美しきイソード王妃を絶えず見張っていた。

ある日,トリストラム卿と美しきイソード王妃が窓越しに話をしているのを見かけたアンドレッド卿は,これをマーク王に言いつけた。

マーク王は怒ってトリストラム卿に剣で斬りかかったが,すぐにトリストラム卿に剣を奪われてしまった。

マーク王は,家来たちにトリストラム卿を殺すよう命令したが,誰も従わなかった。

トリストラム卿は,逃げるマーク王の後を追い,王の首を5,6回ほど剣の平で打ち,マーク王を顔面から転倒させた。

トリストラム卿は,従者を連れて森へ入っていった。

ある日,マーク王によって騎士になった兄弟がトリストラム卿に戦いを挑んで来た。

トリストラム卿は,一人を打ち首にし,一人に致命傷を与えて兄弟の首を兜に入れて運ばせた。

また,マーク王の家来の騎士30人にも怪我を負わせた。

マーク王は,トリストラム卿の処遇について会議を招集した。

家令ディナス卿の提言で,マーク王はトリストラム卿と仲直りすることにした。

そうして,ある日のこと,マーク王と美しきイソード王妃は狩りに行くことになり,トリストラム卿も一緒に行くことになった。

*トリストラム卿は結構サディスティックらしい。
*家令ディナス卿は,トリストラム卿がアーサー王の宮廷に行ってしまうことを心配していた。

参考資料:「アーサー王物語Ⅱ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/06/09(水) 23:41:37|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第8巻第33章 | ホーム | キャクストン版第8巻第31章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/381-e04c0a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。