HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第8巻第27章

高貴な王子ガラホート卿と百騎王がやって来て,トリストラム卿と一対一で戦うことを申し入れた。

トリストラム卿とガラホート卿は半日ほど激しく戦ったが,ついにトリストラム卿が優勢となった。

すると百騎王がその仲間とともに戦いに加勢しようとした。

トリストラム卿はガラホート卿を批判したが,ガラホート卿は,トリストラム卿に対し,実のところお前は降参するか死ぬかの他の道はないと言い放つ。

トリストラム卿は降参することにしたが,それはガラホート卿にではなく,加勢しにきた騎士に対してだと言い添えた。

実はガラホート卿も,自分の実の両親が行っていた風習は恥ずべきものと思っており,それ故に両親とは距離を取っていたという事情があった。

ガラホート卿は,トリストラム卿はラーンスロット卿を除けばこの世で最も高貴な騎士なので殺すのは惜しいと思った。

ガラホート卿は,トリストラム卿がラーンスロット卿と親交を結ぶと約束するなら,トリストラム卿を許し,城の悪習を断つと申し出た。

トリストラム卿は,ラーンスロット卿を尊敬していたので,その条件を呑んだ。

*ガラホート卿のやり方は卑怯なような気がするが………
*久々の百騎王だが,アーサー王との戦争の時のような精彩は無い。名前が格好良いだけに残念だ。

参考資料:「アーサー王物語Ⅱ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/06/04(金) 21:33:17|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第8巻第28章 | ホーム | キャクストン版第8巻第26章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/376-42d6b51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。