HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第8巻第15章

ある日,マーク王の宮廷にブレオベリス・ド・ゲイネス卿がやって来て,自分の所望するものは何でも与えてくれるよう求めた。

マーク王は,ブレオベリス・ド・ゲイネス卿の申し出に驚いたが承諾してしまった。

そうして,ブレオベリス・ド・ゲイネス卿は,宮廷一美しい貴婦人を所望し,セグワリデス伯爵夫人を連れ去ってしまう。

トリストラム卿は,自分の出る幕ではないと思い,すぐにはセグワリデス伯爵夫人を助けようとはしなかった。

トリストラム卿は,セグワリデス卿が自分の妻を助ける為にブレオベリス・ド・ゲイネス卿に戦いを挑んだが敗北したと聞き,ようやくセグワリデス伯爵夫人を助けに行くことにした。

途中,トリストラム卿は,従兄弟のアンドレッド卿に出会った。

アンドレッド卿は,アーサー王の宮廷の二人の騎士(サグラモアー・ル・デジラス卿,ドディナス・ル・ソヴァージュ卿)を捕まえてくるようにとのマーク王の命令を受け,失敗したところだった。

トリストラム卿は,もし自分がその騎士たちに会ったら仇を討ってやると約束して,アンドレッド卿を別れた。

*トリストラム卿がすぐにセグワリデス伯爵夫人を助けようとしなかったことで,後で悲しい(?)結末を迎えることになる。
*トリストラム卿とセグワリデス卿は後日和解する。
*アンドレッド卿は,何故か後日トリストラム卿の敵となる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅱ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/05/23(日) 20:47:41|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第8巻第16章 | ホーム | キャクストン版第8巻第14章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/364-e577d1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。