HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第8巻第3章

メリオダス王は,学識ある侍従カヴァーネルと一緒にトリストラムをフランスへ7年間留学させた。

留学から帰国したトリストラムは,竪琴,狩猟,鷹狩りに精を出し,達人となった。

メリオダス王の新たな王妃も自分の命を助けてくれたトリストラムを愛した。

*留学から帰国したトリストラムは18年間コーンウォールで過ごしたとの記述があるが,そうすると32歳になるので少しおかしい(騎士にも叙せられず30歳を越えるのは当時の習慣からもおかしいと思われる。確か21歳で騎士に叙せられるのが一般的のはず)。18歳になるまでコーンウォールで過ごしたと解するべきだろう。
*獲物の本,鷹狩りの本,狩猟の本は,トリストラム卿の本と呼ばれているとの記述もある。

参考資料:「アーサー王物語Ⅱ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/05/11(火) 22:04:37|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第8巻第4章 | ホーム | キャクストン版第8巻第2章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/351-4f57b3c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。