HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第7巻第14章

ガレス卿(ボーメイン卿)と乙女ライネットと一緒に旅していた小人(唐突に出てくるが,どうやら同行していたらしい)は,包囲されている貴婦人(ライオネス婦人,乙女ライネットの姉)のもとへ行き,ボーメインというあだ名がある立派な騎士が助けに来てくれると告げ,ガレス卿(ボーメイン卿)がこれまで打ち立てた功績について語った。

包囲されている貴婦人(ライオネス婦人)はとても喜び,ガレス卿(ボーメイン卿)と乙女ライネットのもとに食事を運ぶよう小人に頼んだ。

ガレス卿(ボーメイン卿)たちは,藍色のパーサント卿と別れた後,隠者の庵で小人が運んできた食事をとって元気を取り戻した。

小人が食器を返しに行く途中,赤い国の赤い騎士(アイアンサイド卿)に呼び止められ,どこから来てどこへ行くのか聞かれたので,小人は乙女ライネットがアーサー王の宮廷から立派な騎士を連れてきたのだと答えた。

赤い国の赤い騎士(アイアンサイド卿)は,誰であろうと殺して恥をかかせてやると息巻いた。

*赤い国の赤い騎士(アイアンサイド卿)の無慈悲さには深い(?)理由がある。決して一面的な悪役ではない。
*現在のゲームのシナリオ等でも,悪役を魅力的なものにする為に,悪役の背景事情に悪に染まらざるを得ないやむを得ない理由をつけたりしていることもあるが,この手法は,このころから既に使われていたのだなぁとか思った。

参考資料:「アーサー王物語Ⅱ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/04/03(土) 21:19:57|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第7巻第15章 | ホーム | キャクストン版第7巻第13章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/312-d34b4716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。