HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミスリル

「ミスリル」は,ファンタジーRPGにおいて,よく出てくる架空の鉱物の1つである。

魔導具事典(山北篤監修,新紀元社)によれば,J.R.R.トールキンの著作に出てくる魔法の鉱物で,外見は「銀」に似ているが,鋼鉄より硬く,ずっと軽いらしい。また,銀のように黒ずんだり曇ったりもせず,金の10倍以上の価値があるとされる。

テーブルトークRPGの「T&T」や「ソードワールド」では,ミスリルがルールとして組み込まれている。

「T&T」では,刃のついた武器に使っても効果はないが,打撃系の武器に使うと威力が50%増しで,防具は1.5倍の効力になるとして丈夫さをルール化している。

国産テーブルトークRPGの「ソードワールド」では,防具の必要筋力が3分の1となり,武器の打撃力が+5されるという点で軽さと丈夫さをルール化している(「ソードワールド」のルールは何度か変更されており,最初は武器・防具とも必要筋力が3分の1になるだけであったが,それだけだとファイターよりシーフの方がクリティカル率の点で強力になってしまうことが判明し,武器については打撃力を+5にするだけにしたらしい。但し,これらの情報は10年以上前の本をもとにしているので,最近のルールではまた変更されているかもしれない)。

J.R.R.トールキンの「ホビットの冒険」「指輪物語」の影響力の凄まじさには感嘆せざるを得ない。

「ホビット」もJ.R.R.トールキンが創作した架空の種族であるが,「ウィザードリィ」にも登場している。



ファンタジーRPGでの「ミスリル」の取り扱われ方だが,ミスリル製の武器・防具は,鋼鉄よりも軽くて丈夫な(軽さを表現しないゲームでは単に強力な)武器・防具というものが一般であろう。

「ミスリル」は,もともとはJ.R.Rトールキンの創作したものであったが,他のゲームがルールとして取り入れ,RPGプレイヤーの間でも,軽くて丈夫な魔法の鉱物という共通認識ができつつあるのではなかろうか。

だから,「ミスリル」を自作ゲームで登場させても,さほどプレイヤーには違和感がないのかもしれない(勿論,通常の武器・防具より軽くて丈夫という設定が前提だが………)。

とか思った。
関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/07/28(火) 21:52:54|
  2. ファンタジーRPG関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<削る勇気 | ホーム | 戦闘主体ゲームでのストーリーの付け方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/31-f8478c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。