HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャラ消失システムは有用か?

「ウィザードリィ」では,キャラクターが死亡すると,魔法で生き返らせるか,地上まで送り届けて復活の儀式をしなければならないシステムになっていた。

また,上記の魔法や復活の儀式を行っても,必ずしも成功するとは限らず,失敗すると(確か2回失敗すると)キャラクターが消失して二度と使えない仕様にもなっていた。

さらに,パーティーが全滅すると,他のパーティーが全滅地点まで行って死亡したキャラを拾い,上記の魔法や復活の儀式をしなければならなかった。

しかも,セーブデータが記録されているフロッピーディスクは,通常の方法でコピーできないプロテクトがかかっていた。

キャラが死ぬと今までの苦労が全部水の泡となる,ハラハラドキドキのシステムだ。


この緊張感溢れるキャラ消失システムを採用すれば,プレイヤーが必死になってくれるのではないかとも考えられるが,実際に効果はあるのだろうか。


私がウィザードリィをプレイしていた時は,そもそもキャラが死亡したら,フロッピーディスクに記録される前にリセットしていた。

また,どうしても魔法で生き返らせたり復活の儀式を行わざるを得ない時には,確か,わざとフロッピーディスクを抜いて,失敗しても記録されないようにしていたと記憶している。

要するに,キャラ消失システムを回避する為の裏技のようなことを常にしていた。

すなわち,ゲームをプレイする上で,キャラ消失システムは邪魔だったのだ。


ということは,キャラ消失システムというものは,実は全く意味の無い,ゲーム制作者の自己満足なだけのものと考えられる。


「夢幻の心臓」もキャラ消失システムを採用していたはずだが,私はEGGで購入してウィンドウズでプレイしていたので,セーブデータはバックアップし放題だった。

「ウィザードリィ」も「夢幻の心臓」も,ズルをしてキャラ消失システムを回避する方法を使っても,ものすごく熱中してプレイできた。



昔プレイしたフリーウェアにも,キャラ消失システムを採用しているものがあった。

最初,キャラデータのバックアップをあえてとらないでプレイしていた時は,かなり面白いゲームだと思ったが,どうしても先に進めずにバックアップをとってプレイしてしまったら,途端につまらないゲームになって途中で止めてしまった。

ということは,キャラ消失システムというものは,

1 面白いゲームなら,そもそも無くても構わない。
  (ていうか,邪魔なだけ)
2 それほど面白くないゲームなら,採用することで少し面白くできる。

ということになろうか。


だから,キャラ消失システムというものは,最初からシステムに組み込む必要はなく,あまり面白くないゲームに仕上がってしまった場合に付加することを検討する程度で良いのではなかろうか。

関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/07/02(木) 23:54:44|
  2. ゲームの楽しさの考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<解法を見つけるタイプのRPGは現在でも通用するのか? | ホーム | いまさらウィザードリィをプレイしたいか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/3-5826d73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。