HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第7巻第1章

ある年の聖霊降臨祭の時,キンクナドンと呼ばれる街の城で,アーサー王主催の大祝宴が行われた。

そこへ,背が高く大きな美しい手を持つ若者が,二人の男に支えられながらやってきた。

彼は,二人の男の肩に寄りかからなければ歩くことも立っていることもできない状態だった。

大きな美しい手を持つ若者は,アーサー王に3つの願いを聞いてくれるよう申し出た。

1つ目の願いは12ヶ月の間充分な食べ物と飲み物を与えて欲しいこと,残り2つは12ヶ月後に申し出るということだった。

アーサー王は,大きな美しい手を持つ若者が名誉ある家柄の出の者で,いずれは尊敬される人物になるだろうと思い,その願いを受け入れた。

しかし,大きな美しい手を持つ若者は,アーサー王が問うても,自分の名前は明かさなかった。

家令のケイ卿は,アーサー王から大きな美しい手を持つ若者に最上の食べ物と飲み物を与えるよう命じられたが,立派な家柄の者なら馬や鎧兜を欲するはずだと,大きな美しい手を持つ若者のことを卑しい生まれであると考え,「ボーメイン」というあだ名を付け,彼を料理場に置くことにした。

*ボーメインの正体はガレス卿(ガーウェイン卿四兄弟の末弟)である。
*「ボーメイン」は「美しい手」という意味。

参考資料:「アーサー王物語Ⅱ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/16(火) 22:45:22|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第7巻第2章 | ホーム | CGB_FF脳内会議(第4回)戦闘システムについて考える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/294-a803749a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。