HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CGB_FF脳内会議(第4回)戦闘システムについて考える

個人製作のオープンワールドRPG(的なもの)の企画を妄想中。

その昔,「RPGツクールXP」のスクリプトをたくさん使って,システム的には完全にオリジナルなゲームを作っていたことがある。

探索部分やデータ表示場面は完成させることができたが,戦闘システムの部分で挫折した。

あまりにも無計画に作りすぎて,他のシステムとの統合性が上手くいかなくなったのだ。

その失敗を踏まえて,まずは最初に戦闘システムを決めてしまおうと思った。

 ・
 ・
 ・

しかし,考えても考えても上手くいかない。

戦闘には色々なシチュエーションがあると思う。

1対1の緊張感みなぎる果たし合いの場合もあれば,複数の敵をバッタバッタと切り倒していく場合もあるだろうし,複数の敵に対して身を隠しながら1人1人個別に気付かれないように倒していって数を減らしていく場合もあるだろう。

これらを1つの戦闘システムで表現するとなると,非常に厳しい。アクションゲームなら比較的容易に表現できそうだが,テキスト主体のRPGでは不可能に近いように思われる。

 ・
 ・
 ・

解決方法は思いつけば簡単だった。

いつの間にか1つのゲームにつき,戦闘に関するシステムは1つであるという固定観念が身に染みついてしまっていたようだ。

戦闘システムも他のシステムと同じく,ゲームを構成するシステムの1つでしかない(重要ではあるが)。

「戦闘」という広い概念で1つのシステムを作ろうとするから大変なのだから,「調剤システム」「鍛治システム」「クラスチェンジシステム」などと同レベルで,「1対1の戦闘」「1対複数の戦闘」「暗殺的な戦闘」「遠距離武器を使った戦闘」など,複数の戦闘システムを構築すれば良いのだと思う。

そうすれば,ひとまず「1対1の戦闘」のシステムだけで最初の短いゲームを作り,次に続くゲームで少しずつ別の戦闘システムを搭載していくということにすれば良く,制作側としても気が楽になりそうだ。


ということで,まずはスタンダードな「1対1の戦闘」システムを構築しようと思う。


関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/03/15(月) 23:16:38|
  2. Project:CGB_FF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第7巻第1章 | ホーム | CGB_FF脳内会議(第3回)主人公キャラクターを何名にするか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/293-42cd30ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。