HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アダマンタイト

一般的に,ファンタジーRPGの世界では,「ミスリル」「アダマンタイト」「オリハルコン」という3種類の伝説上の金属があることになっているらしい。

「また,ミスリルを同じく「アダマンタイト」や「オリハルコン」なども伝説上の金属で,非常に硬い魔法の金属だ。」(安田均/グループSNE『アイテム・コレクション』富士見文庫,平成2年11版,189ページ)



上記の内,「ミスリル」「オリハルコン」については,新紀元社の『魔導具事典』(山北篤監修,2002年第2刷)にも掲載されているので,どういう出自で,どういう性質と設定されているのかは,ある程度は解る。

しかし,「アダマンタイト」については,上記の本には掲載されていない。

ネットで色々と調べてみると,要はギリシャ語で「ダイヤモンド」を意味する言葉が起源で,性質的なものは,各ゲームで個別に好きなように設定されているっぽい。

かの有名な「ファイナル・ファンタジー」シリーズでも登場しているらしい。



自作ゲームに「アダマンタイト」を登場させ,性質等を勝手に設定することは自由であるが,他のゲームの「アダマンタイト」の設定を全てだと思ったプレイヤーが,違和感を抱く可能性がある。

特に国内ではかなり有名な「ファイナル・ファンタジー」で扱っているので,その設定と違うことをしてしまうと,「このゲームの制作者は物を知らない」「語感が格好いいだけでアダマンタイトを使っている」と思われかねない。

考え過ぎか………

したがって,自作ゲームで「アダマンタイト」を扱う際には注意が必要と思われる。ていうか,いっそ登場させない方が無難かも,とか思った。

関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/07/26(日) 23:46:37|
  2. ファンタジーRPG関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戦闘主体ゲームでのストーリーの付け方 | ホーム | RPGツクール2003の最大の欠点>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/29-cbcb4962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。