HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第4巻第22章

ガーウェイン卿は,計画どおりに,ペレアス卿を殺したと言ってエタード婦人に近づいた。

エタード婦人は,ペレアス卿を殺してくれたお礼に自らがガーウェイン卿のものになり何でもすることを誓う。

ガーウェイン卿は,ペレアス卿を裏切り,エタード婦人を自分のものにしてしまった。

ガーウェイン卿の帰りが遅いので,ペレアス卿はエタード婦人の城の幕屋に向かった。

ペレアス卿は,その幕屋の中で,ガーウェイン卿とエタード婦人が抱き合って眠っているのを見つける。

ペレアス卿は,眠っている2人を殺そうとするが何とか思いとどまり,自分の剣の抜き身をガーウェイン卿とエタード婦人の喉の上に置いて立ち去った。

目を覚ましたエタード婦人は,ガーウェイン卿がペレアス卿を殺したというのは嘘だということに気づき,彼を追い出した。

ペレアス卿は,配下の騎士に,死ぬまで床から起きないと言って床についた。

ペレアス卿の配下の騎士が森の中で主人(ペレアス卿)のことで嘆いていると,「湖の乙女」ニミュエと出会う。

「湖の乙女」ニミュエはペレアス卿の配下の騎士に,自分がペレアス卿の命を救うと約束した。

「湖の乙女」ニミュエは,エタード婦人に魔法をかけてペレアス卿を愛するようにしてしまった。

「湖の乙女」ニミュエは,エタード婦人をペレアス卿のところへ連れて行ったが,目を覚ましたペレアス卿は自分を裏切った(?)エタード婦人を罵倒して出て行かせる。

*現代的な感覚では,エタード婦人は何も悪くないような気がするのだが………
*キャクストン版におけるガーウェイン卿は卑怯であったり策士であったりする。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/21(木) 21:31:54|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神だとか悪魔だとかの設定 | ホーム | キャクストン版第4巻第21章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/240-7eb770fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。