HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第4巻第7章

牢の中では20人の騎士が囚人となっていた。

アーサー王や20人の騎士たちが囚人となった理由は次のとおりである。

城主であるダマス卿は不実な騎士であったが,弟のオンツレイク卿は民の者から信望を集めていた。

2人の兄弟の間で戦争が起こったが,オンツレイク卿は一対一で戦うことを提案。

ダマス卿は最初は同意しなかったが,誰か代理の騎士を立てても良いとの条件付で同意した。

しかし,ダマス卿の為に戦おうと思う騎士はいなかった。

ダマス卿は,多くの部下を従えて力ずくで冒険中の騎士を捕らえて自分のために戦わせようと画策。

しかし,誰もダマス卿の為に戦おうとする者はいなく,現在まで至っているのであった。

アーサー王は,牢の中で死ぬより騎士と戦って死ぬ方が良いと思い,囚人となっている他の騎士の解放を条件に,自分がダマス卿の為にオンツレイク卿と戦うことを誓う。

*他の囚人となっている騎士たちは,不実なダマス卿の為に戦うよりも囚人として死ぬことを決断したのに対し,アーサー王は死ぬよりは不実な騎士の為に戦うことを決断している。アーサー王はかなりのリアリストなのだろうか。
*他の囚人たちは,ぽっと出のアーサー王とは違い,オンツレイク卿の強さを知っているので又はダマス卿がいかに不実でオンツレイク卿が良い騎士であることを知っているので,囚人のまま甘んじていると善解することも可能か。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/04(月) 22:18:46|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャラクターの背景事情のみ設定して能力値などの中身はプレイヤーに決めさせる手法 | ホーム | キャクストン版第4巻第6章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/222-c413f174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。