HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Project:WireFrame

PS3で「Wizardry 囚われし魂の迷宮」をプレイして,ウィザードリィ・タイプのゲームの面白さを再確認させられてしまった。

キャラクターのレベルアップ時の処理等,面倒くさい点も多々あるのだが,迷宮の地図を埋めていく征服感(とそれに伴う快感)はそれを上回る。

私がウィザードリィをプレイしていたのは小学生のころだ(大学生ころに一度復刻版が出て再度プレイしたこともあった)。

そのころはベーマガ(マイコンBASICマガジン)が未だ休刊にはなっておらず,私はゲームをプレイするだけではなく,作ることにも興じていた。

そういえば,当時,ウィザードリィのようなゲームも作りたいと思っていたはずだ(ベーマガに一度ワイアーフレームで3Dダンジョンを表示するゲームのプログラムが掲載されていて,それをパクって作ってみた記憶がある。結局,キャラクター作成画面やアイテムやモンスターのデータ等を作るのが面倒で,完成はしなかったが………)

今は,「3DダンジョンRPGコンストラクションセット」(マニアックソフトウェア本舗)という便利なフリーウェアがあるので,作ろうと思えば昔より楽に作れるはずだ。

というわけで,小学生のころの夢を実現すべく,上記ソフトを使ってウィザードリィ・タイプのRPGを作ってみることを企画してみた。

もちろん,ただ単にウィザードリィの真似をしても仕方がないので,私のゲーム製作の基本的な傾向(忙しい社会人が土日を使ってクリアできる程度のボリュームにする)に沿ったものにするつもりだ。

キャラクターの育成やアイテムの収集といった時間のかかる要素は排除する予定だ。

その代わり,シナリオを複数用意するのはどうだろうか,とか思った。

1本のソフトで,短めのゲームブックを幾つか遊ぶ感じをイメージしている。

「3DダンジョンRPGコンストラクションセット」では,シナリオを多数作成できるようなので(最大3635本),1シナリオにつき,ダンジョンは1~2F程度で充分かもしれない。

関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/27(日) 22:29:53|
  2. Project:WireFrame
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<職業名を無理矢理考えてみる(その1) | ホーム | キャクストン版第4巻第2章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/214-08f68b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。