HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第2巻第9章

マーリンの導きで,ベイリンとベイランは,ライエンス王がお忍びで愛人のところへ行くところを襲撃して捕虜にする。

ベイリンとベイランは,ライエンス王をアーサー王のもとへ連行したが,アーサー王には会わず,番兵に引き渡して立ち去る。

アーサー王の許にやってきていたマーリンがベイリンとベイランの功績を話し,アーサー王はベイリンとベイランに恩を感じるようになる。

マーリンは,ライエンス王の弟のネロが戦争をしかけてくることを忠告。

*ベイリンとベイランがアーサー王に会わずに立ち去ったところに美学を感じるが,この辺は日本人も西欧人も同じなのだろう。
*アーサー王がライエンス王を処刑したという記述は無い。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)
関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/11/23(月) 00:12:56|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第2巻第10章 | ホーム | キャクストン版第2巻第8章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/180-3335d0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。