HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モンスターの種類について

ネット上でドラクエ9の話題がちらほらと出ているが,その中で,モンスターが約300種類というのが少ないのか多いのかという議論に興味を引かれた。

300種類は充分過ぎるほど多いと思うのだが,最近のRPGでは少ない方なのだろうか。

気になって,またまた「ウィザードリィ」を調べてみた。

50種類くらいかと思っていたが,数えてみたら93種類もあった。

私が「ウィザードリィ」をプレイしていたのは小学6年生のころだから,もう20年以上の月日が経過している。20年で約3倍にしかなっていないと思えば,やはりドラクエ9の300種類は少ない方なのだろうか。

ちなみに,手元にあるファイティング・ファンタジーのモンスター事典(教養文庫)では,200以上のモンスターが掲載されているという(数えていないが,本の裏に「200以上ものおぞましいモンスターがここに結集した。」と書かれているので,200は掲載されているのだろう)。


ゲームのボリュームによって,適切なモンスターの種類数も変わってくるのだろうが,上記の「モンスター事典」を読むだけでお腹いっぱいな感じだ。あまり種類を多くすると,1種類毎の印象が薄くなる危険性もある。

ゲーム製作ツールを選定する際,ハンドブック等でモンスターグラフィックが豊富に用意されているという理由で「RPGツクール2003」を選んだが,ツール自体で既に110種類以上のグラフィックが用意されている。

ちょっとツール選びを早まったかもしれない。これから製作しようとしているゲームには,100種類ものモンスターが必要とは思われない。

「RPGツクールVX」のモンスターグラフィックは57種類くらいなので,それでも良かったのではないかと少し後悔してきた。

関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/07/15(水) 23:55:23|
  2. Project:Foundation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木曜日の楽しみが一つ増えた | ホーム | 状態異常について考える(その2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/17-13ff99bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。