HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カステンヒン・アムヒンウェディク

キルッフとオルウェンの物語に登場。

次のように紹介されている。

「今までに子羊一匹はおろか,成長した羊もなくしたことがないというふうであった。彼に痛めつけられたり,瀕死の傷を負ったりせずにかたわらを通り抜けた一団はなかったのである。平原にある木々や茂みは全て枯れていた。彼のいぶきが根こそぎ燃やし尽くしてしまったからである。本来母方の血縁が跡取りとなるウェールズの伝統から,名門の出であるカステンヒンの妻の存在を恐れたイスバザデンによって,彼は二十三人の子どもたちを殺され,領地を奪われるという災難を被った。なお,エレン・ルイダウクは,このカステンヒンと再婚し,三世紀の初代キリスト教徒の皇帝コンスタンティヌスを生んだとも,またダヴェド地方の王家の祖となったともいわれる」

参考資料:「マビノギオン中世ウェールズ幻想物語集」(中野節子訳,JULA出版)

関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2015/06/24(水) 21:58:51|
  2. 人物録2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カステンヒン・アムヒンウェディクの妻 | ホーム | ガスコイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/1415-f08e29d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。