HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第1巻第5章

ユーサー・ペンドラゴン王の死後,強力な諸公たちは自ら王位につきたいと思っていたので,王国は分裂の危機にあった。

マーリンの進言で,カンタベリー大司教は,諸公たちに対し,正当な王になる者が誰かを示す奇跡が起こるだろうから,クリスマスまでにロンドンに来るようおふれを出す。

ロンドンの一番大きな教会の境内に石に突き刺さった剣が現れ,そこには(石なのか剣なのかは不明)この剣を引き抜いた者が全イングランドの正当な王であると書かれていた。

諸公たちは引き抜こうと試してみたが誰も引き抜けなかった。

元日には馬上槍試合を行うことになっており,エクター卿,ケイ卿,アーサーもそれに参加する為にロンドンにやってきた。

アーサーは,剣を忘れたケイ卿の為に石に突き刺さった剣を引き抜く。

アーサーから剣をもらったケイ卿は,自分こそが王になる資格があるのだと父エクター卿に言うが,嘘を見透かされて,すぐにアーサーが取ってきたのだと白状する。

エクター卿は,アーサーがもう一度剣を石に突き刺した剣を引き抜こうとしたが抜けなかった。

石に刺さった剣を抜く者が王となるという有名なエピソード。この剣がエクスカリバーだという説もあるらしいが,キャクストン版ではエクスカリバーは後に別に登場する。
急に弟分に頭を下げなければならなくなったケイ卿。嫉妬心で後にアーサー王に歯向かうかと思いきや,そんなことはせず,後に味のある地位(道化役との評価もあるらしい)を演じることになる。結構心が広くて憎めない人物なのかもしれない。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/10/16(金) 22:11:53|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャクストン版第1巻第6章 | ホーム | キャクストン版第1巻第4章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/140-b490c523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。