HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1つのゲームに配置する街やダンジョンの数の比率

1本のゲームで街やダンジョンをどれだけ配置すれば良いのだろう,比率はどのようにすれば良いのだろう,とか思って昔プレイした「クリムゾン」というゲームの攻略日記をこのブログに再アップしながら,数を数えてみた。

参考記事(カテゴリー):クリムゾン攻略日記

種別内容
「タストの街」「カンドセの街」「エロイヤの城」「ドーサの街」「イブハの村」「ヨンパンの村」「シークスの街」7個
(但し,既に記憶が無くなっているが,
第8夜~しゃべらずの森を攻略するのだ!!
にダンジョンの「しゃべらずの森」の近くの街という記述があるので,もしかすると+1で8個かもしれない)
ダンジョン「死霊の谷」「遺跡の谷1~4」「モグネスの洞窟」「しゃべらずの森」「キャンプ場」「ゴライア城」「毒の沼」「魔獣の橋」「魔物の宿」「インキュバスの城」「溶岩の山」「雷山」「不気味な沼」「クリムゾンの城」「真のクリムゾンの城」15個
(但し,「遺跡の谷1~4」を別個のものと解すれば18個)


比率としては,

 街:ダンジョン=1:2

といったところか。


しかし,このゲームをプレイした時の印象を今現在で振り返ると,
  1. 街の数が多すぎる。
  2. 全体的に冗長すぎる。
というようなものだった気がする。

1つのゲームのデータだけで検討するのは実はあまり意味がなくて無駄なのかもしれないが,データ抽出できるように手元に何らかの形で残しているゲームがコレしかないので仕方がない。

街やダンジョンの数はゲームの長さにもよるだろうが,比率的には,もっと街を少なくして,

 街:ダンジョン=1:3

というぐらいの方が良いんじゃないかなぁ,とか思ったが,冗長すぎることには苛ついた記憶があるが,街の数が多いことで苛ついた記憶がないので,やっぱり1:2でも良いんじゃないか,とも思った。


関連記事

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/10/05(月) 01:23:40|
  2. シナリオ作成の研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<装備品と見た目(その1) | ホーム | 第22夜~クリムゾンの城を攻略するのだ!!(後編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/124-e2c1921c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。