HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブラモー・ド・ゲイネス卿

ブレオベリス・ド・ゲイネス卿の弟。
ラーンスロット卿の一族の騎士(従兄弟にあたるらしい)。

パーサント卿とボーメイン卿(ガレス卿)との会話の中で優れた騎士として名前が挙がっている。
トリストラム卿の言によれば,エクター・ド・マリス卿よりも強いとのこと。
兄であるブレオベリス・ド・ゲイネス卿よりも勇敢だとの噂もある。

従兄弟をアイルランドの宮廷で謀殺した反逆罪でアイルランドのアグウィッサンス王を告発し,その審判でトリストラム卿と戦った。

乙女の城での馬上槍試合にも参加。
ロンドンの晩餐会(ガーウェイン卿暗殺未遂事件が発生した晩餐会)にも参加していた。
アリー卿の治療の際にも登場。

グィネヴィア王妃処刑の日にラーンスロット卿に付き従った24人の騎士の一人。
後にラーンスロット卿からギエンヌのリムーザンの領主に任命される。
アーサー王の死後は,ラーンスロット卿と一緒に6年間の祈りと精進の修行の日々を送った。
ラーンスロット卿の死後は自分の領地へ戻り,異教徒のトルコ人と戦って聖金曜日に死んだという。

戦績は次のとおり。
・ガレス卿に馬上槍試合で打ち負かされる(危険の城での馬上槍試合の際に)
・トリストラム卿に打ち負かされる(アイルランドのアグウィッサンス王の審判の際に)
・パロミデス卿と馬上槍試合をして双方落馬(怪我の程度が大きく実質敗北,ガラホート卿がサールース国で開催した大馬上槍試合3日目の際に)
・ラヴェイン卿に落馬させられる(ラーンスロット卿がアストラットの美しき乙女の緋色の片袖を身につけて参加したウィンチェスターの馬上槍試合の際に)

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/06/05(火) 20:57:22|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プランシュの領主 | ホーム | プラシダス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanmon.blog35.fc2.com/tb.php/1114-0865d8c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。