HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペイズの領主

「ペイズの領主の従姉妹で,モルガン・ル・フェ王妃の従姉妹でもある乙女」の叔父。

「ペイズの領主の従姉妹で,モルガン・ル・フェ王妃の従姉妹でもある乙女」の依頼で,400人の騎士とともに,ラ・ベル・リガード城を破壊し,モルガン・ル・フェ王妃に幽閉されていたアレキサンダー卿を救出した。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

スポンサーサイト

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/01(日) 20:04:59|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペイズの領主の従姉妹で,モルガン・ル・フェ王妃の従姉妹でもある乙女

ラ・ベル・リガード城の正当な相続人だったが,モルガン・ル・フェを主人として仕えていた。

伯父であるペイズの領主と連絡をとり,モルガン・ル・フェ王妃に幽閉されたアレキサンダー卿を救出した。

その後,アレキサンダー卿と行動をともにし,彼がモードレッド卿に恥をかかされそうになった際には(モードレッド卿が馬の手綱をつかんで引き回し,アレキサンダー卿が守っている土地から連れ出そうとした),武装してアレキサンダー卿に目がけて向かっていき,凄まじい一撃を与えた(そのおかげでモードレッド卿が手綱から手を離し,アレキサンダー卿は恥をかかずに済んだ)。

アレキサンダー卿が美しき巡礼者アリスと恋仲になっても彼から離れず,3人でベニックの国で楽しく暮らしたという。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/02(月) 20:07:16|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベイラン

兄はベイリン・ル・ソヴァージュ。

兄のベイリンに負けじ劣らずの勇猛で武芸に秀でた騎士だった。

ベイリンとともにライエンス王を打ち負かし,ライエンス王軍との戦争でも活躍した。

最後は兄のベイリンと知らずに兄弟同士で戦って死ぬ。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/03(火) 21:33:27|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベイリン・ル・ソヴァージュ

二本の剣を帯びた騎士。

弟はベイラン。

ノーサンバーランド生まれ。

マーリン曰く「その騎士以上に勇敢なるものは,この世に一人もいない」「あの騎士の力と勇猛に太刀打ちできる者は誰もいない」

アーサー王の従兄弟の騎士を殺した罪で1年半以上も囚人となり,フォー・ストーン城で釈放された。
湖の貴婦人の兄も殺していた。
また,逆に湖の貴婦人の虚偽と不正によって母が火刑に処せられていた。

乙女がアーサー王の宮廷に持ってきた有徳の騎士にしか引き抜けないという剣を鞘から引き抜いたが,不幸を呼ぶというその剣を乙女に返さなかった。
アーサー王にエクスカリバーを与えた報酬として,ベイリンか剣を持ち込んだ乙女の首を所望する湖の貴婦人を殺害して宮廷から追放される。

アーサー王に認めてもらうため,弟のベイランとともにライエンス王を捕らえた。
その後のライエンス王軍との戦争でも活躍した。

アーサー王に許された後,透明になれる悪徳の騎士ガーロンを倒す旅に出る。
ベイリンは見事ガーロンを倒すことに成功するが,ガーロンの兄のペラム王と戦いとなり,わざわいの一撃を与えてしまう。

最後は弟のベイリンと知らずに兄弟同士で戦って死んでしまった。

戦績は次のとおり。
・ランサーと馬上槍試合をして殺してしまう。
・ベイランとともにライエンス王を打ち負かす。
・騎士ガーロンを殺す。
・ペラム王にわざわいの一撃を与える。
・ベイランと戦って死す。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/04(水) 21:35:05|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘクティマー卿

アリー卿の治療の際に登場。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/05(木) 21:37:10|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペチャ王

ラーンスロット卿が聖杯を見た家(ペレス王の城)はペチャ王の家だったらしい。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/06(金) 21:38:01|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベディヴィア卿

ルーカン卿の弟。

ローマ軍との戦争にも参戦し,ルーシャス皇帝への使者の一団にもなった。

危険の城での馬上槍試合にはアーサー王側として参戦。

アリー卿の治療の際にも登場。

モードレッド卿と戦争での協定交渉にも参加した。

アーサー王の死の直前,王からエクスカリバーを湖に投げ捨てるよう命じられた。

アーサー王の死後,グラストンベリー近くの礼拝堂で庵を作って暮らした。

戦績は次のとおり。
・トリストラム卿に打ち負かされる(危険の城での馬上槍試合の際に)
・ラヴェイン卿に落馬させられる(ラーンスロット卿が美しきアストラットの乙女の緋色の片袖を身につけて参加したウィンチェスターの馬上槍試合の際に)
・ラヴェイン卿に落馬させられる(ラーンスロット卿がグィネヴィア王妃の金色の袖を身につけて参加した聖燭祭の馬上槍試合の際に)

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/07(土) 21:38:57|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペディヴィア卿

ストレイト・マーシュのペディヴィア卿と同一人物かは不明。

自分の妻を殺そうとしたところをラーンスロット卿に止められるが,ラーンスロット卿を騙して目的を遂げる。
グィネヴィア王妃の命令でローマ法王に罪の償いをし,聖者となって神に身を捧げた。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/08(日) 21:40:12|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペディヴィア卿(ストレイト・マーシュの~)

ボース卿がペレス王の城(カーボネック城)に泊まった際に登場。

ボース卿に打ち負かされる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/09(月) 21:41:24|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペディヴィア卿の妻

従兄弟を愛しかわいがっていたが,それに嫉妬した夫であるペディヴィア卿に殺害される。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/10(火) 21:42:11|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペティペイス卿

ウィンチェルシーのペティペイス卿。

危険の城での馬上槍試合にはアーサー王側として参戦。

アグラヴェイン卿・モードレッド卿と行動をともにした12人の円卓の騎士の1人。
ラーンスロット卿とグィネヴィア王妃の不倫現場に踏み込んで,ラーンスロット卿に殺される。

アリー卿の治療の際にも登場。

戦績は次のとおり。
・トー卿に敗北(トー卿の猟犬を連れ去った騎士を探求する冒険の際に)
・サドック卿を馬上槍試合で打ち負かす(危険の城の馬上槍試合の際に)

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/11(水) 20:36:10|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘミソン卿

モルガン・ル・フェの恋人。

トリストラム卿に馬上槍試合で打ち負かされ,瀕死状態になる。

死ぬ前にモルガン・ル・フェと最後に話がしたいと従者に自分をモルガン・ル・フェの城へ運ぶことを頼む。
従者は彼をモルガン・ル・フェの城に運び,そこで息絶えた。
(最後にモルガン・ル・フェと話ができたかは不明)

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/12(木) 20:37:23|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘラウェス

女魔術師のヘラウェス。

ニグラモウス城の貴婦人。

美しい乙女で7年もの間ラーンスロット卿を愛し続けた。
危難の礼拝堂にて,ラーンスロット卿を殺して自分のものにしようと画策したが失敗。
ラーンスロット卿に愛を拒まれ,彼が立ち去った後,悲しみのあまり14日目の夜にならないうちに死ぬ。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/13(金) 20:38:26|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペラム王

リスティノワーズのペラム王。
不具王。

ガーロンの兄。

ヨセフの血縁につながる者で,当時最も尊敬されていた人物。

ベイリンにわざわいの一撃を受け,その傷は聖杯探求をなしとげたガラハットが傷を癒すまで健康にならなかった。
*キャクストン版2巻16章では,ガラハットはホート王子ということになっている。

ガラハッド卿のおかげで健康になった後は,聖職者となったらしい。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/14(土) 20:39:24|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペランドリス卿

プレノリアス卿,ピローンズ卿,ペログリス卿,プレイン・ド・アムール卿,プレイン・ド・フォルス卿と兄弟。

ラーンスロット卿に馬上槍試合・徒歩戦とも打ち負かされる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/15(日) 20:40:23|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベリアス・ド・ラ・フランダース卿

勇ましい騎士。

11人の王たちの反乱の際に登場。
40人の決死隊の一人でもある。

戦績は次のとおり。
・ルーカン卿,グィーナスとともに,6人の王(ロット王,ネントレス王,ブランドゴリス王,イードラス王,ユーリエンス王,アグウィッサンス王)とすさまじい戦いを繰り広げる。
・ルーカン卿,グィーナス,ケイ卿,グリフレット卿ととも,6人の王(ロット王,ネントレス王,ブランドゴリス王,イードラス王,ユーリエンス王,アグウィッサンス王)と戦って追い詰める。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/16(月) 20:51:38|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベリアンス・ル・オーグラス卿

フロル卿の兄。

ラモラック・ド・ゲール卿の命を助けたが,そのことが原因で自分の息子を殺してしまっていた。

弟のフロル卿も殺されたので,ラモラック・ド・ゲール卿と戦う。

劣勢だったが善戦し,最後はラモラック・ド・ゲール卿と和解する。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/17(火) 20:53:41|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペリーモンズ卿

赤の騎士ペリーモンズ卿。

黒の騎士ペルカード卿,緑の騎士パートレープ卿,藍色の騎士パーサント卿と兄弟。

ガレス卿の結婚式では召使い頭役を務めた。

アリー卿の治療の際にも登場。

グィネヴィア王妃処刑の日にラーンスロット卿ら一隊に殺害される。

戦績は次のとおり。
・ボーメイン卿(ガレス卿)に打ち負かされ(馬上槍試合では引き分け),彼の部下となる。
・エクター・ド・マリス卿と馬上槍試合で対戦して双方落馬で引き分ける(危険の城での馬上槍試合大会の際に)

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/18(水) 20:54:43|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペリス・ド・フォレ・ソヴァージュ

強盗や強姦をする悪い騎士。

タークィン卿と何からの関係があるらしい(タークィン卿の部下か何かか?)

ラーンスロット卿に殺される。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/19(木) 20:55:44|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペリノー王

島のペリノー王。
「吠える怪獣」の探求者。「奇態な獣を連れた騎士」と呼ばれていた。

ラモラック・ド・ゲール卿,アグロヴァル卿,パーシヴァル卿,トー卿の父。

かなりの武勇を誇り,もう少しでアーサー王を殺すまでいったところを,マーリンの魔法で眠らされた。
その後,アーサー王の盟友となる。

ライエンス王との戦争の際に,アーサー王側として参戦したが,敵軍に加担していたロット王を殺してしまったことで,以後ガーウェイン卿一派から恨まれる。

五王の乱の際には,アーサー王から援軍招集の手紙を受け取るが,戦場に到着した時には戦いは既にほとんど終わっていた。

キャクストン版では具体的なエピソードでは語られていないが,後にガーウェイン卿に殺されたらしい。

戦績は次のとおり。
・グリフレット卿を打ち負かす(グリフレット卿が騎士になってはじめての冒険の際に)
・アーサー王を打ち負かす(もう少しで殺すところだったが,マーリンの魔法で眠らされる)
・騎士エグラムを敗走させる。
・ロット王を殺す(ライエンス王との戦争の際に)
・ウェントランドのホンツレイク卿を殺害する(貴婦人ニミュエを連れ去った騎士の探求の旅の際に)
・トリストラム卿に打ち負かされる(乙女の城での馬上槍試合の開催が告知される直前に)

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/20(金) 20:56:41|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペリン・ド・マウンオベリヤード

騎士ペリン・ド・マウンオベリヤード。

姿の見えないガーロンに殺される。

墓にガーウェイン卿がペリノー王を討つという予言が表示された。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/21(土) 20:58:05|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペリン・ド・ラ・モンターニュ卿

アレクサンダー卿と馬上槍試合をして落馬。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/22(日) 20:59:01|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベリンガー・ル・オーグラス卿

アリー卿の治療の際に登場。その紹介文ではラモラック卿に敗れたことになっている。

グィネヴィア王妃処刑の日にラーンスロット卿の一隊に殺害された。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/23(月) 20:50:53|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛する右子と左子へ。

いよいよ明日だ。

どんなことになるんだろ。

無事に健康で元気であって欲しい。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

  1. 2012/07/23(月) 23:09:01|
  2. パピィの書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベリンガー・ル・ビューズ卿

孤児アレクサンダー卿と巡礼者アリスの子。
ラーンスロット卿の親族。

父の仇(マーク王)を討ったらしいが,具体的なエピソードの紹介は無い。

ラーンスロット卿がアストラットの美しい乙女の緋色の片袖を身につけて参加したウィンチェスターの馬上槍試合では,ラヴェイン卿と戦って落馬させられた。

アリー卿の治療の際にも登場した。

グィネヴィア王妃処刑の日にラーンスロット卿に付き従った24人の騎士の一人。
後にラーンスロット卿からラーンドの領主に任命された。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/24(火) 20:52:33|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辰年獅子座の女の子

なんとか無事に産まれてくれて,お父さんはホッとした。

その後もNICUに入るか入らないかの瀬戸際で心配したけど,君たちが頑張ってくれたおかげで入らないですんだね。

二人は産まれたその日から親孝行だ。

元気で育ってね。

お父さんも頑張るよ。


テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

  1. 2012/07/24(火) 21:29:37|
  2. パピィの書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベリンガー卿

アングリディーズ(アレクサンダー卿の母)の従姉妹の夫。

アランデル城の城代。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/25(水) 20:53:46|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相変わらず可愛い

仕事帰りに病院に寄って1時間ちょっとだけ会えた。

右子ちゃんも左子ちゃんもぐっすり眠っていた。

看護婦さんが左子ちゃんだけ無理矢理起こしたので(砂糖水を飲ませた方が良い時間だとのこと),抱っこして砂糖水をあげた。

すぐに飲み干した。

しかし,昨日もやったが,相変わらずゲップをさせることができない。

偉大なる母である我が妻は,ちょっと色々辛そうだった。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

  1. 2012/07/25(水) 21:56:22|
  2. パピィの書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘリンデイル

ローマ軍との戦争の際にローマ軍側の有力な三人の領主の一人として登場。

捕虜を護送中にラーンスロット卿らの軍と戦い,戦死する。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/26(木) 20:54:44|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お父さんも一つ学習したぞ

今日も仕事帰りに小一時間だけ我が子らに会えた。

今日は左子ちゃんはぐっすり眠って一度も起きなかったが,右子ちゃんが起きて大泣きしだした。

お父さんは,右子ちゃんがどうして泣いているのか分からなくてオロオロしてしまった。

オムツの中を見ても何もなかった。

でもお母さんは右子ちゃんが何故泣いているのかすぐにわかった。

オムツは一見何も無いように見えるが,しっかりと濡れていたのだった。

オムツを取り替えたら右子ちゃんは泣き止んだ。

やっぱりお母さんには敵わないなぁとか思った。

今度からオムツはちゃんと触って確認しよう。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

  1. 2012/07/26(木) 22:18:46|
  2. パピィの書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。