HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グラシァン

フランスの騎士グラシァン。

11人の王たちの反乱の際に登場。

戦争前の馬上やり試合では非常に巧みな武術を見せた。

しかし,戦争前にクローダス王対策のためにプラシダス卿とともに本国に戻るよう命令されたので,戦争には参加しなかった。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

スポンサーサイト

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/01(木) 20:01:39|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グラシャン・ル・カースルイン

11人の王たちの反乱の際に登場(アーサー王側)。

40人の決死隊の一人。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/02(金) 20:02:34|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グラモー・グラモーソン卿

スコットランドの立派な騎士。

危険の城の馬上槍試合に城側として参加し,トー卿に打ち負かされる。

アリー卿の治療の際にも登場した。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/03(土) 20:03:43|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クララス卿

クリアモウントのクララス卿。

グィネヴィア王妃処刑の日にラーンスロット卿に付き従った24人の騎士の一人。

後にラーンスロット卿からノルマンディーの領土を与えられる。

アーサー王の死後,ラーンスロット卿とともに6年間修行(祈りと精進の日々)に明け暮れた。

ラーンスロット卿の死後は自分の領地に戻った。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/04(日) 20:04:35|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラリアンス・ド・ラ・フォレ・ソヴァージュ

11人の王たちの反乱の際に登場(アーサー王側)。

その戦争の際,ロット王に突き落とされる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/05(月) 20:08:16|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラリヴァンス王

ノーサンバーランドのクラリヴァンス王。

11人の王たちの反乱に加わった王の一人。

アリー卿の治療の際にも登場した。

戦績は次のとおり(全て11人の王たちの反乱の際のもの)
・ブラシャス卿と引き分ける
・エスタス公,クレイドルマント王,キャラドス王,百騎王とともに,ウルフィアス卿,ブラシャス卿,エクター卿と戦って打ち負かされる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/06(火) 20:09:21|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラリシン伯爵夫人

ローマ軍との戦争の際に登場し,公爵夫人とともに城市(トスカナと思われる)を包囲していたアーサー王に降伏する。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/07(水) 20:10:23|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリフレット卿

グリフレット・ル・フィス・ド・デュ卿と同一人物かどうかはっきりしないが,ここでは別人物として扱うことにした。

アーサー王と同年齢で,アーサー王に騎士に叙された。

騎士に叙された後すぐに泉のそばの騎士(ペリノー王)に挑戦して打ち負かされている。

聖杯探求の際,アグロヴァル卿と一緒にいたところにやって来たガーウェイン卿と合流するが5日目に別れ別れになる。

グィネヴィア王妃処刑の日に,ラーンスロット卿たち一隊に殺害された。

戦績は次のとおり。
・ペリノー王に打ち負かされる(騎士に叙任されてすぐの冒険の際に)
・パロミデス卿に落馬させられる(マーク王にダゴネット卿をけしかけて追っていた際に)
・ラーンスロット卿に落馬させられる(ラーンスロット卿がアストラットの美しい乙女の緋色の片袖を身に付けて参加したウィンチェスターの勝ち抜き戦の際に)
・ガレス卿に突き落とされる(ラーンスロット卿がグィネヴィア王妃の金色の袖を身に付けて参加した聖燭祭の馬上槍試合の際に)

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/08(木) 20:11:28|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリフレット・ル・フィス・ド・デュ卿

グリフレット卿と同一人物かどうかはっきりしないが,ここでは別人物として扱うことにした。

カーダル公の息子。

11人の王たちの反乱の時から登場し,40人の決死隊の一人にもなった。

五王の反乱の際にも活躍し,その戦争で失われた8人の円卓の騎士の補充の際,年若組としてガーウェイン卿,ケイ卿,トー卿とともに円卓の騎士となる。

トリストラム卿捜索やウィンチェスターの勝ち抜き戦(ラーンスロット卿がアストラットの美しい乙女の緋色の片袖をつけて参加した試合),アリー卿の治療の際にも登場した。

戦績は次のとおり。
・騎士プラシダスを突き落とす(11人の王たちの反乱の前の馬上槍試合の際に)
・ラディナス卿と引き分ける(11人の王たちの反乱の前の馬上槍試合の際に)
・ルーカン卿とともに,ブランドゴリス王とイードラス王,アグウィッサンス王に突き落とされる(11人の王たちの反乱の際に)
・勇士ピネルを突き落とす(11人の王たちの反乱の際に)
・ルーカン卿,グィーナス,ベリアス・ド・ラ・フランダース卿,助太刀のケイ卿とともに,6人の王(ロット王,ネントレス王,ブランドゴリス王,イードラス王,ユーリエンス王,アグウィッサンス王)で6人の王たちを追い詰める(11人の王たちの反乱の際に)
・アーサー王,ケイ卿,ガーウェイン卿とともに,五王(デンマーク王,アイルランド王,ヴェイル王,ソレイズ王,ロングテイン島の王)の内の1人を殺した(五王の反乱の際に,ケイ卿が2人殺した)
・パロミデス卿に打ち負かされる(アグウィッサンス王が従姉妹のラウンズ婦人の為に開催した馬上槍試合の際に)

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/09(金) 20:12:37|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリンガモー卿

ライオネス婦人と乙女ライネットの弟。

地元の身分の低い男の言によれば,この世で最も危険な騎士の一人。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/10(土) 20:13:53|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレイドルマント王

11人の王たちの反乱に参加した王の一人。

戦績は次のとおり(全て11人の王たちの反乱の際のもの)
・アーサー王に左脇腹を突き刺され,突き落とされる
・アーサー王に兜を割られ,馬とともに大地に倒れる
・エスタス公,クラリヴァンス王,キャラドス王,百騎王とともに,ウルフィアス卿,ブラシャス卿,エクター卿と戦って打ち負かされる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/11(日) 20:14:54|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレギス卿

ローマ軍との戦争では,アーサー王の食糧略奪部隊に参加。

グィネヴィア王妃処刑の日にラーンスロット卿に付き従った24人の騎士の一人で,後にラーンスロット卿よりアジェンヌの領土を与えられた。

アリー卿の治療の際にも登場している。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/12(月) 20:38:59|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレルモンド卿

ローマ軍との戦争で,アーサー王の食糧略奪部隊に参加。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/13(火) 20:40:16|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クローダス王

クローディンの父。

バン王,ボース王と敵対していた金持ちの王。

多くの騎士たちを雇い,バン王とボース王を滅ぼした。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/14(水) 20:41:21|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クローディン

クローダス王の息子。

聖杯探求の終盤に突如登場し,ガラハッド卿たちとともに聖杯登場の奇跡を目の当たりにする。

なお,聖杯登場の奇跡を目撃したのは,ガラハッド卿,パーシヴァル卿,ボース卿の3人の他に,クローディンを含むゴールから来た3人の騎士,アイルランドから来た3人の騎士,デンマークから来た3人の騎士の合計12人で,キリストの12人の使徒の数と一致する。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/15(木) 20:42:33|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロセルム卿

アリー卿の治療の際に登場。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/16(金) 20:43:26|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロッドロス卿

アリー卿の治療の際に登場。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/17(土) 20:44:19|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グロモー・ソーム・エリオー卿

アグラヴェイン卿・モードレッド卿と行動をともにした12人の円卓の騎士の1人(いずれもスコットランド出身かガーウェイン卿の一族か,さもなくばその兄弟に好意を持つ者)。

ラーンスロット卿とグィネヴィア王妃の不倫現場に踏み込んだ際に,ラーンスロット卿に殺害される。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/18(日) 20:45:09|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケイ卿

家令のケイ卿。

アーサー王の乳兄弟。エクター卿の息子。

万聖節の日(11月1日)に騎士となっていた。
なお,ユーサー・ペンドラゴン王が生前に一番気に入っており,また信頼していた騎士たちの一人として名が挙がっているが,アーサーが王になる少し前に騎士になったばかりのはずなので,この記述は誤りであろう。

6人の王たちの反乱の際には停戦交渉にも参加する。

11人の王たちの反乱の前にアーサー王とバン王とボース王が催した大馬上試合の際には一番活躍したと言われている。

11人の王たちの反乱の際には40人の決死隊の一人となる。

五王の反乱では8人の円卓の騎士が失われたが,その補充として円卓の騎士となる(年若組の4人の内1人として選出された)。

初期のころには武芸に秀でた騎士として活躍するが,中盤以降は口の悪い国務長官役を担うことになる。
トリストラム卿によれば,この世で一番口の悪い騎士だと評判らしい。

ガレス卿をボーメイン,ブルーノー・ル・ノワールをラ・コート・マル・タイユと名付ける。
パーシヴァル卿が騎士に叙された日,彼を嘲笑し軽蔑した。
ダゴネット卿(アーサー王の道化)にラ・コート・マル・タイユと戦うよう指示したりもした。

危険の城の馬上槍試合では,アーサー王側として参加。

アリー卿の治療の際にも登場。

ロンドンの晩餐会にも出席していた。

グィネヴィア王妃誘拐事件の時に王妃に付き従っていた10人の騎士のうちの1人。

戦績は次のとおり。
・プラシダスに敗北(11人の王たちの反乱の前にアーサー王とバン王とボース王が催した大馬上試合の際に)
・ネントレス王を突き落とす(11人の王たちの反乱の際に)
・ロット王を突き落とし重傷を負わせる(11人の王たちの反乱の際に)
・百騎王に突き落とされる(11人の王たちの反乱の際に)
・モーガノー卿を突き落とす(11人の王たちの反乱の際に)
・ルーカン卿,グィーナス,ベリアス・ド・ラ・フランダース卿,グリフレット卿とともに,6人の王(ロット王,ネントレス王,ブランドゴリス王,イードラス王,ユーリエンス王,アグウィッサンス王)と戦って追い詰める(11人の王たちの反乱の際に)
・グリフレット卿,ガーウェイン卿,アーサー王とともに,五王(デンマーク王,アイルランド王,ヴェイル王,ソレイズ王,ロングテイン島の王)と戦い,2人の王を殺害する。
・タークィン卿に捕虜にされていた(ラーンスロット卿が救出)
・3人の騎士から逃亡する(ラーンスロット卿に助けられる)
・ガレス卿(ボーメイン)に倒される。
・パロミデス卿に打ち負かされる(アグウィッサンス王がラウンズの貴婦人と呼ばれる婦人の為に催した大馬上槍試合の際に)
・トー卿に打ち負かされる(トリストラム卿と一緒に旅をしていた際に)
・トリストラム卿に落馬させられる(乙女の城での馬上槍試合の前に)
・トリストラム卿に落馬させられる(乙女の城での馬上槍試合の際に)
・マーク王に馬上槍試合で敗北(マーク王の策略によるモリスの森での冒険の際に,馬がマーク王のものほど大きくなかったことが敗北の理由らしい)
・アンドレッド卿に徒歩戦で勝利(マーク王の策略によるモリスの森での冒険の際に)
・不思議な騎士(ラーンスロット卿)と馬上槍試合をして敗北(ある未亡人の家に泊まった翌日に)
・トリストラム卿に落馬させられる(ロネゼップ城での馬上槍試合3日目)
・ラーンスロット卿に落馬させられる(ラーンスロット卿が美しきアストラットの乙女の緋色の片袖を身につけて参加したウィンチェスターでの勝ち抜き戦の際に)
・ガレス卿に突き落とされる(ラーンスロット卿がグィネヴィア王妃の金色の袖を身につけて参加した聖燭祭の馬上槍試合の際に)
・メリアガーント卿と武装した160人の兵士との戦いで,仲間(10人の騎士)と一緒に40人の兵士を打ち負かすが,深い傷を負って倒れる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/19(月) 20:46:04|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケイヒディアス卿

ホウェル王の息子。白き手のイソードの弟。

領主グライプとの戦争で死ぬほどの目にあい,トリストラム卿に手助けを願う。

マーク王の妻でトリストラム卿が愛する美しきイソード王妃に恋をしたせいで命を落としたらしいが,詳細は不明。

トリストラム卿,従者カヴァーネル,ブラグウェイン婦人と一緒にコーンウォールまで旅をした際,ラモラック・ド・ゲール卿と戦って打ち負かされている。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/20(火) 20:47:50|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲラード卿

ウェールズの騎士。

ローマ軍との戦争の際にアーサー王に従軍するが戦死。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/21(水) 20:49:01|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーサブリン卿

サラセンの騎士。

ボーダス王の娘を恋慕い,彼女が結婚しようとするのを,彼女が気が狂っているという評判をたてて邪魔をしていた。

サールース国での馬上槍試合5日目の後,パロミデス卿と戦い,馬上槍試合では双方落馬で引き分けたが,徒歩戦で敗北し首を刎ねられる。

死後,悪臭が漂ったという(異教徒という理由で)。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/22(木) 20:50:01|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴーター卿

コーンウォールの立派な騎士。

アーノルド卿とギルメア卿とは兄弟。

ケイ卿に変装したラーンスロット卿に兄弟もろとも打ち負かされる。

危険の城の馬上槍試合の際には城側として参加。

アリー卿の治療の際にも登場。

グィネヴィア王妃処刑の日に,救出に現れたラーンスロット卿の一隊に殺害される。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/23(金) 20:50:56|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴーデリン卿

グッドウイン卿の弟。

不実な騎士で多くの婦人や立派な騎士を裏切ったとアグロヴァル卿に言われていた。

アグロヴァル卿に殺害された。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/24(土) 20:51:53|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーラス

11人の王たちの反乱の際に登場(アーサー王側)。

40人の決死隊の一人。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/25(日) 20:52:50|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴッドレイク卿

危険の城での馬上槍試合の際にアーサー王側として参加。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/26(月) 20:53:45|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴネリーズ卿

アーケイド卿の兄。

とある乙女(パロミデス卿の親戚)が所有している土地を横領していた。

サールース国での大馬上槍試合初日の後にパロミデス卿と戦って殺される(馬上槍試合では引き分けるが,徒歩戦で斬首される)。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/27(火) 20:54:38|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コラム

乙女コラム。

アイルランド王の息子ランサーの恋人。

ランサーの死後(ベイリン卿と戦って死亡),恋人の剣で後追い自殺をした。

マーク王が2人の為に墓を作ったが,マーリンはその地でラーンスロット卿とトリストラム卿が戦うことになると予言。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/28(水) 20:55:38|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コルグレヴァンス卿

コルグレヴァンス・ド・ゴール(ゴールのコルグレヴァンス卿)

アグラヴェイン卿・モードレッド卿と行動をともにした12人の円卓の騎士の1人(いずれもスコットランド出身かガーウェイン卿の一族か,さもなくばその兄弟に好意を持つ者)。

キャクストン版では2度死んだことになっている。

11人の王たちの反乱の際にはアーサー王側に参戦し,40人の決死隊の一人となっている。

聖杯探求の際には,ボース卿に襲い掛かるライオネル卿と戦って殺された。

しかし,その後,アリー卿の治療の際に何事も無かったかのように登場。

ラーンスロット卿とグィネヴィア王妃の不倫現場に踏み込んだ際に,ラーンスロット卿に殺害される。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/29(木) 20:56:35|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンスタンティン卿

コーンウォールのカドー卿(カドー王)の息子。

ローマ軍との戦争の際には,アーサー王が留守の間の王国の執政官の1人に任命される(もう一人はボードウィン卿)。

アリー卿の治療の際にも登場。

アーサー王の死後,イングランドの王となる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/12/30(金) 20:57:54|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。