HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アリーン卿

トライアン卿と兄弟。

トライアン卿とともに,トー・ル・フィス・アリエスの城へ続く道を通る誰とでも槍を合わせて戦いたがっている騎士。
トライアン卿にはマーク王と戦って勝利するという場面があるが,アリーン卿には見せ場が無かった。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

スポンサーサイト

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/01(月) 23:01:50|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリス

美しき巡礼者アリス。

巡礼者アンセラス公の娘。ラーンスロット卿の父バン王の血縁の者。

アレクサンダー卿と一緒にベニックの国へ行き,楽しく暮らした。
アレクサンダー卿は,彼女だけではなく,ペイズの領主の従姉妹の乙女も一緒にベニックへ連れて行っている。
嫉妬しなかったのだろうか?

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/02(火) 23:03:16|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリスタンス卿

優れた騎士。アリスタンスの領主と同一人物かどうかは不明。

ガラホート卿がサールース国で開催した大馬上槍試合に参加(サールース国側)。
キャンビンスの領主と馬上槍試合をして引き分ける(双方落馬)。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/03(水) 23:04:19|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリスタンスの領主

アリスタンス卿と同一人物かどうかは不明。

アリー卿の治療で集まった大勢の騎士たちの中の一人。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/04(木) 23:05:22|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリデューク

ローマ軍側の三人の有力な領主(アリデューク,ヘロード,ヘリンデイル)の一人。

ラーンスロット卿の親族のアリデューク卿とは別人であろう。

アーサー王軍との戦争で,ラーンスロット卿とカドー卿が率いる護送団と戦い,戦死する。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/05(金) 23:06:15|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリデューク卿

ラーンスロット卿の親族の騎士。

タークィン卿に捕虜にされていたところを,ラーンスロット卿により救出される。

ガーウェイン卿殺害未遂事件が起きたロンドンの晩餐会にも出席していた。

ウィンチェスターの勝ち抜き戦(ラーンスロット卿がアストラットの乙女の緋色の片袖を身につけて変装して参加した試合)で,ラーンスロット卿に剣で打ち負かされた。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/06(土) 23:07:20|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルフェイオス卿

スペインのある領主の息子。魔法使いの母がいる。

アリー卿とスペインの勝ち抜き戦で対戦し,殺害される

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/07(日) 23:08:19|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルフェイオス卿の母

その名のとおり,アルフェイオス卿の母。
スペインのある領主の妻。魔法使い。

息子であるアルフェイオス卿を殺された復讐に,アリー卿にこの世でもっとも優れた騎士に傷口(アルフェイオス卿との戦いでできた7箇所)を見てもらわない限り決して治らない呪いをかける。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/08(月) 20:39:34|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アレクサンダー卿

孤児アレクサンダー。
父ボドウィンと母アングリディーズとの間の子。

父親であるボドウィンはマーク王に殺害された。
騎士叙任式当日,母アングリディーズから父ボドウィンの形見である血染めのタブレットとシャツを与えられ,マーク王に復讐を誓う。
彼自身はその復讐を果たせなかったが,息子のベリンガー・ル・ビューズ卿が引継いで,これを果たした。

美しき巡礼者アリスとペイズの領主の姪の両手に花の状態でベニックに行き,楽しく暮らした。
美しき巡礼者アリスとの間にベリンガー・ル・ビューズ卿をもうける。

かなりの武芸達者で,ラーンスロット卿,トリストラム卿,ラモラック卿と匹敵するほどとの評価もある。

騎士になってすぐに新任の騎士20人(同僚?)を馬上槍試合で打ち負かし,その後も,次のような華々しい戦績を残した。

・キャラドス王が催した馬上槍試合で,キャラドス王とその20人の騎士を打ち負かす
・キャラドス王が催した馬上槍試合で,サフィア卿を打ち負かす

・イライアス・ド・ゴメレ卿を打ち負かす
・カー・ド・ゴメレ卿を打ち負かす
・ガイ卿を打ち負かす
・ガラント卿を打ち負かす

・マラグリン卿を打ち負かして殺害する

・サグラモアー・ル・デジラス卿と馬上槍試合をして落馬させる

・ハーリューズ・ル・ベルビューズ卿と馬上槍試合をして落馬させる
・ヒューガン卿と馬上槍試合をして落馬させ,徒歩戦で剣を三回ほども打ち合わせないうちに負かす

・ヴェンス卿と馬上槍試合をして落馬させる
・ハーヴィス・ル・マルシュ卿と馬上槍試合をして落馬させる
・ペリン・ド・ラ・モンターニュ卿と馬上槍試合をして落馬させる

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/09(火) 20:41:00|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

荒地の王妃

アーサー王が死ぬ間際に現れた3人の王妃の1人。
(他の2人の王妃は,モルガン・ル・フェ王妃と北ウェールズ王妃)

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/10(水) 20:57:01|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アロウズ卿

領主。

ガラホート卿がサールース国で開催した馬上槍試合に,サールース国の敵側として参加。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/11(木) 20:02:22|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アロック・ド・グレヴァント卿

アリー卿の傷の治療を試みるが失敗。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/12(金) 20:03:46|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アングリディーズ

ボドウィンの妻。孤児アレクサンダー卿の母。

夫ボドウィンを殺したマーク王への復讐を,息子のアレクサンダー卿に託す。
息子のアレクサンダー卿の騎士叙任式の当日,夫ボドウィンがマーク王に殺されたことを話し,形見の血染めのタブレットとシャツを与えた。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/13(土) 20:04:46|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンセラス公

巡礼者アンセラス公。

美しき巡礼者アリスの父。ラーンスロット卿の縁者(バン王の血縁)でもある。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/14(日) 20:05:58|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アントメエス

バン王かボース王の配下の騎士と思われる。

11人の王との戦争とロデグランス王救援戦との間に,三人の王(アーサー王,バン王,ボース王)の命令により,クローダス王に備えてベニックへ退却している。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/15(月) 20:47:50|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンドレッド卿

トリストラム卿の従兄弟。

マーク王の配下の騎士。トリストラム卿破滅を目論む。

ベリンガー卿がマーク王を討った際に殺害されたらしい。

戦績は次のとおりだが芳しくない。

・サグラモアー・ル・デジラス卿かドディナス・ル・ソヴァージュ卿に攻撃を受けて怪我をする(マーク王の命令で2人を捕らえようとしていた)。

・トリストラム卿に剣を奪われ打ち倒される(美しきイソードのベッドに裸で居たトリストラム卿を捕らえ,まさに処刑しようとした際に)。

・ユーウェイン卿に馬上槍試合で敗北する(マーク王が開催した宴会の席でユーウェイン卿が試合を申し込んできた際に)。

・ガヘリス卿と馬上槍試合をして落馬させられる(モリスの森でマーク王と一緒に策略を実行した際に)。

・ケイ卿に徒歩戦で敗北(モリスの森でマーク王と一緒に策略を実行した際に)。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/16(火) 20:48:44|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イーヴレイク王

イーブレイク王とも表記される。
アーサー王たちが活躍していた時代をはるか遡った時代の伝説の人物。
ラーンスロット卿やガラハッド卿の祖先。

サラスの町で従兄弟のトロメ・ラ・フェインティス王(サラセン人)と戦っていた。
ヨセフの息子ヨセフェから十字架の盾(後にガラハッド卿の盾になる)を受け取って戦争に勝利する。
その後,ヨセフェを慕って一緒にグレート・ブリテンへやって来た。

聖杯に近づきすぎたことにより神の不興をかい,目が見えなくなる。
彼の願いで聖杯探求を達成した子孫の騎士(ガラハッド卿)が口づけするまでは生き長らえることになる。
パーシヴァル・ド・ゲール卿がイーヴレイク王のいる僧院へやって来た時は,それから300年も経っていた。
キャクストン版では,その後,イーブレイク王が救済されたという明確な記述がない。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/17(水) 20:50:34|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イーストランドの女王

女魔法使い。

モルガン・ル・フェ(ゴールの女王),ノースガリスの女王,アウト・アイルズの女王と一緒に,ラーンスロット卿を捕らえて,誰か一人の愛人になるよう迫る。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/18(木) 20:52:32|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イードラス王

コーンウォールのイードラス王。

11人の王の反乱の際の,反乱軍側の王の一人。

11人の王の反乱の際の戦績は次のとおり。

・ブランドゴリス王とアグウィッサンス王ともに,グリフレット卿とルーカン卿を突き落とす

・ルーカン卿+グィーナス+ベリアス・ド・ラ・フランダース卿 VS 6人の王(ロット王,ネントレス王,ブランドゴリス王,イードラス王,ユーリエンス王,アグウィッサンス王)ですさまじい戦いを繰り広げる。

・ルーカン卿+グィーナス+ベリアス・ド・ラ・フランダース卿+助太刀のケイ卿+グリフレット卿 VS 6人の王(ロット王,ネントレス王,ブランドゴリス王,イードラス王,ユーリエンス王,アグウィッサンス王)の戦いで追い詰められる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/19(金) 20:53:43|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イードラス卿

ユーウェイン卿の息子。

ローマ軍との戦いの際,ガーウェイン卿とともに敵に斬り込み,捕虜になっていたボース卿とベレル卿を奪い返す

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/20(土) 20:54:56|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イグレイン王妃

最初はティンタージェル公の妻だったが,後にユーサー・ペンドラゴン王の妻となる。

マーゴース,エレーン(ネントレス王の妻),モルガン・ル・フェの母(父親はティンタージェル公)

アーサー王の母(父親はユーサー・ペンドラゴン王)。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/21(日) 20:55:50|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソード(美しきイソード)

アイルランドのアグウィッサンス王の娘。
マーク王の妻。

魔法の媚薬により,トリストラム卿と愛し合うようになり,悲劇が生まれた。

パロミデス卿からも愛されており,それが原因で度々トリストラム卿とパロミデス卿が戦うことになる。

また,ケイヒディアス卿(白き手のイソードの弟)も彼女を愛するようになり,彼はそれが原因で命を落とすことになる(キャクストン版では詳細は不明)。

医者としての腕も優れていた。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/22(月) 20:09:04|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソード(白き手のイソード)

ホウェル王の娘。ケイヒディアス卿の姉。
トリストラム卿の妻。

医者としての腕も優れていた。

キャクストン版以外のエピソードによれば,白き手のイソードでは治療できないので,美しきイソードを呼んだ旨の記述がある。医者としての技術も美しきイソードには及ばなかったということか。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/23(火) 20:10:48|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イライアス・ド・ゴメレ卿

他の三人の騎士(カー・ド・ゴメレ卿,ガイ卿,ガラント卿)とともに,アレクサンダー卿に打ち負かされたことをモルガン・ル・フェ王妃に報告する。

サクソニーの優秀な総司令官であるイライアス卿とは別人であると思われる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/24(水) 20:11:45|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イライアス卿

サクソニーの総司令官で優れた武将。

マーク王に戦争をしかけるが,トリストラム卿との一騎打ちで死す。
トリストラム卿はラーンスロット卿以外にこれほど手こずったことはなかったというので,かなりの武芸達者であったのだろう。

戦績は次のとおり(いずれも上記戦争でのもの)
・マーク王を戦場で落馬させる
・トリストラム卿に戦場で落馬させられる
・トリストラム卿と一騎打ちをして殺される

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/25(木) 20:13:07|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩屋の婦人

礼に厚い貴婦人。

赤い城のエドワード卿とヒュー卿に領地の相続権を強奪され悩んでいた。

ユーウェイン卿の活躍により領地の全てを取り戻した。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/26(金) 20:14:14|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴァウズ婦人

壮大な馬上槍試合を開催する。

その試合で一位になったのはマーハウス卿。

マーハウス卿は,商品として豪華な金の輪(金貨一千に値する)を与えられた。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/27(土) 20:15:22|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウイッシャード卿

ローマ軍との戦いで,アーサー王の命により食料略奪部隊に参加。

その戦いで負傷したガーウェイン卿を心配する心優しい一面もある。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/28(日) 20:16:13|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴィラーズ卿

勇者ヴィラーズ卿。ラーンスロット卿の一族の騎士。

グィネヴィア王女処刑の日に,ラーンスロット卿に付き従った24人の騎士の一人。
ラーンスロット卿にベアルン領主に任命される。

アーサー王の死後,ラーンスロット卿と一緒に6年間修行をした(祈りと精進の生活)。
ラーンスロット卿の死後は,自分の領地へ戻った。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/29(月) 20:08:21|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェイゴン

ヴェイゴンという町の城の城主。豊かな暮らしをしている老騎士。

聖杯探求の旅に出た円卓の騎士たちをもてなした。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ~Ⅴ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:データベース - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/08/30(火) 20:13:56|
  2. 人物録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。