HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャクストン版第2巻第17章

ガーニッシュはハーメル公爵の娘と騎士の2人の首を切り落とし,自害する。

ベイリンが旅を続けていると,「いかなる騎士たりとも単身でこの城に向かうべからず」と書かれた十字路に出る。

白髪の老人がベイリンのところへやって来て,引き返すよう忠告したが,ベイリンはそれを無視した。

ベイリンが城に行くと歓迎された。

ベイリンは,城の主の奥方から,この先を進む前に,ある島を守っている騎士と槍試合をする掟になっていると言われ,それを承諾する。

ある騎士が,ベイリンの持つ盾があまりよくないといって,ベイリンに大きい盾を持たせた。

ベイリンが島に着くと,一人の乙女が,ベイリンに対し,ベイリンが自分の盾を置いてきたことによってベイリン自身を大変な危険にさらすことになったと告げる。

*『「いかなる騎士たりとも単身でこの城に向かうべからず」と書かれた十字路』という表現からは,十字路自体にそのように書かれているとも思われるが,おそらく標識か何かが立っていたのだろう。
*ベイリンは,とにかく忠告を無視する癖がある。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/01(火) 00:39:24|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第2巻第18章

ベイリンと島を守る騎士との死闘がはじまる。

実力はほぼ互角で双方とも瀕死状態になったが,島を守る騎士の方が先に倒れた。

ベイリンが島を守る騎士に名を尋ねると,その騎士はベイランだと名乗る。

ベイリンの弟ベイランは,二本の剣を帯びたベイリンの姿を見て自分の兄ではないかと思ったが,盾が違ったので気が付かなかったのだ。

ベイリンとベイランは死んで,奥方によって一つの墓に埋葬されたが,奥方はベイリンの名前を知らなかったので,墓にはベイランの名しか記されなかった。

*ベイリンの弟ベイランは,先の島を守っていた騎士を殺してしまい,代わりに島を守る騎士となってしまった。
*ベイリンの呪いの剣は,結局弟のベイランを殺すことになってしまったのだ。
*ベイリンの剣はペラム王に一本折られている。しかし,この戦いで弟のベイランはベイリンが2本の剣を帯びているのを見ているから,ベイリンはどこかからか剣を調達したのだろう。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/02(水) 00:03:10|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第2巻第19章

マーリンは墓にベイリンの名を金の文字で書き付け,横になると正気を失う寝台を作らせた。

また,マーリンはベイリンの剣の柄を変え,世界で最良の騎士のみ扱うことのできる剣を作成する。

さらに,マーリンは,きわめてすぐれた騎士で,逆心も悪徳もない者以外渡ることのできない橋を島へ架けた。

ベイリンの剣の鞘は島に残された。

ベイリンのもう一本の剣は,マーリンによって水上に立つ大理石の中にはめこまれた。

マーリンはアーサー王に「わざわいの一撃」のことや,ベイリンとベイラン兄弟の戦い,そして2人の兄弟が一つの墓に埋葬されたことを報告した。

*第2巻はこれでお終い。ベイリンとベイラン兄弟のお話もこれでお終い。この章は後の物語の伏線が多数張られている。
*呪いの寝台は,後にラーンスロット卿が無害化する。
*魔法の剣は,ラーンスロット卿かガラハッド卿(ラーンスロット卿の息子)しか扱えない代物で,ラーンスロット卿はその剣で,この世でもっとも愛する男であるガーウェイン卿を殺すことになる。
*ベイリンの剣の鞘は,後にガラハッド卿が発見することになる。
*大理石にはめ込まれたベイリンのもう一本の剣は,後に大理石ごと水に流され,ガラハッド卿が見つけることになる。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/03(木) 00:20:10|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第1章

アーサー王はキャメラード国のロデグランス王の娘グィネヴィアと結婚することにした。

ロデグランス王は,アーサー王に円卓(150人用)と優秀な騎士100人をプレゼントする。

*マーリンはグィネヴィアが妻としては完璧ではないこと,ラーンスロット卿と愛し合うことになることを忠告したが,すぐに聖杯探求の冒険の話に切り替えたとの下りもある(アーサー王が不愉快に思ったのか?)。アーサー王はマーリンを重用していたような気もするが,そうでもなかったのだろうか?
*ロデグランス王は,ユーサー・ペンドラゴン王から円卓を託され保管していた。
*第3巻はアーサー王とグィネヴィア王妃との婚礼の際に発生した3人の騎士たちのそれぞれの冒険譚である。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/04(金) 00:20:01|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第2章

アーサー王の命でマーリンは円卓の騎士にふさわしい者を48人集めたが(150の席の内100はロデグランス王の部下で既に埋まっていた),まだ2つの空席があった。

そんな時,ガーウェインがやってきて,アーサー王とグィネヴィア王妃との婚礼の式の日に騎士に取り立てて欲しいとアーサー王に頼み,アーサー王はそれを了承した。

*騎士たちが立ち去った後,円卓には,その席に座った騎士の名前が金文字で書かれていた(マーリンが発見したことになっている)。
*全体を通して非常に重要な脇役(?)であるガーウェイン卿の登場である。


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/05(土) 00:14:25|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第3章

宮廷に牛飼いのアリーズとその息子がやってきて,18歳の息子(トー)を騎士に取り立てて欲しいとアーサー王に願い出る。

アーサー王はトーを気に入って,すぐに騎士に叙した。

マーリンは,トー卿の本当の父親はペリノー王であると告げる。

牛飼いのアリーズの妻が宮廷に連れてこられて,牛飼いのアリーズと結婚する前にペリノー王に力ずくで処女を奪われ子を身ごもったことを告白する。

*ペリノー王………


参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/06(日) 21:40:36|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第4章

翌朝,ペリノー王が宮廷にやってきて,トー卿を見て大変気に入った。

アーサー王は,ガーウェインを騎士に叙した。

マーリンによれば,円卓の2つの空席はこの上なく崇められる騎士しか座れないと言う。

その内1つはペリノー王のものとなった(もう1つは「危難の席」で座った者は身を滅ぼす)

それを見たガーウェイン卿はひどく妬み,従者である弟ガヘリスとともに,いつかペリノー王を殺すことを誓う。

*ペリノー王はガーウェイン卿の父であるロット王を戦争で殺している。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/07(月) 06:54:53|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第5章

キャメロットの聖スティーヴン教会でアーサー王とグィネヴィア王妃との婚礼の式が挙げられた。

その際,不思議なことが起こった。

白い雄鹿が玄関に駆け込んできて,そのあとから白い雌の猟犬と30つがいの黒い猟犬が走りながら続いてきた。

白い猟犬が白い雄鹿の尻の肉を1片むしりとった。

白い雄鹿が大きく飛び上がって,近くの食卓にいた騎士を一人はね飛ばした(明記はされていないが,おそらく白い雄鹿はそのまま外に出て行った。第一の探求目標)。

はねとばされた騎士は,猟犬をつかまえて広間から出て行き,馬に乗ってどこかに行ってしまった(第二の探求目標)。

そのすぐ後,白い小馬に乗った貴婦人がやってきて,騎士が連れ去った猟犬は自分の物なので取り戻して欲しいと頼んだ。

そこへ全身に鎧をまとった騎士が大きな馬に乗って現れ,力ずくで婦人を連れ去った(第三の探求目標)

マーリンの助言で,白い雄鹿の探求はガーウェイン卿に,騎士と猟犬の探求はトー卿に,騎士と婦人の探求はペリノー王に任されることになった。

*3人の騎士の冒険譚のはじまり。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/08(火) 05:22:36|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年12月某日

年の瀬が迫り仕事に忙殺される毎日が続く中,ひさしぶりに早めに帰宅することができ,ほぼ1ヶ月ぶりにソファーに寝ころびながら下らないテレビに興じることができた。今日は家族の者も所用で誰も居ない。

しばらくテレビを見ていると,私のかけているメガネの左側のレンズの左側下の片隅に白い靄が見え始めた。レンズが汚れているのだろうと思ったが,テレビを見るのには特に支障がなかったので放置しておいた。

白い靄は範囲こそ拡大しなかったが,次第に白さを増していった。さすがにテレビに興じることにも支障が出はじめてきたので,ちらっと視線を白い靄の方へと移した。

白い靄は既にはっきりと純白となっていた。

純白のスクリーンの中で,突然扉が開いた。扉は全体が映っているわけではなく,扉の下方のみ映されているようだった。

扉の中からそっと白い足が出てきたので,慌ててメガネを外して白い靄を拭い取った。


嗚呼。

私はいつからこんなにも臆病になってしまったのだろう。

全てが終わるまで見届ければ,全てが解決されたやもしれないのに。





白い世界には扉がある。

テーマ:怪奇・超常現象 - ジャンル:

  1. 2009/12/09(水) 23:16:38|
  2. ホラーシナリオメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運の要素がゲームに公平さを与えることもある

「蒼き狼と白き牝鹿ジンギスカン」(koei)というゲームがある。

私はこのゲームを中学生の時にプレイして,最近もたまにプレイするのだが(コーエー定番シリーズを購入),なかなか難しいゲームだ。中学生の時は,一番優しい難易度でしか全部クリアできなかった(今は最も難しい難易度に挑戦中である)。

疫病や災害が発生すると,かなり国力が疲弊して滅亡しやすくなったり,隣国に攻め込まれると例え勝利したとしてもやはり国力が疲弊して滅亡しやすくなる。

しかし,疫病や隣国からの侵入は,直前のセーブデータをロードすれば避けられる(邪道な方法ではあるが)。

ということは,このゲームはかなり運の要素が強いゲームだといえる。


運だけが頼りのゲームはつまらない。そこには何の戦略性もない。

しかし,このゲームがつまらないと思ったことはない。

なぜなら,例え運の要素が強いにせよ,適当にプレイしていたのでは絶対(?)にクリアできないし,一定のセオリーに基づいた戦略を立てなければクリアできないようになっているからだ。

つまり,このゲームは運の要素が強い反面,戦略性も兼ね備えているのだ。


さて,このゲームから運の要素を完全に取り去ったらどうなってしまうだろうか。

おそらく,一定のセオリーを見つけてしまうと,あとは単純な作業を繰り返すだけでクリアできてしまうゲームになってしまうと思われる。

単純作業だけのゲームはつまらない。1度クリアしたら,もう一度プレイする気力は起きてこないだろう。



このゲームは,運の要素がゲーム全体の難易度を上げている。

単に運が良ければ強力なアイテムが入手可能だとか,そういう小さなレベルではない。

ちなみに,コンピュータゲームで難易度を上げるのは簡単である。制作者がデータをいじれば良いだけだ。制作者はデータをいじることによって,そのゲームをクリア不可能にまでできる。

制作者の恣意によって難しくなっているゲームは,ある種の不公平さを感じる。

横暴な恣意に右往左往させられるよりも,運の要素に右往左往した方が幾らかマシとも言える。

ていうか,現実の生活でも運の要素に右往左往するのだから,リアルといえばリアルだ(ゲームだとリセットが効くが)。


「蒼き狼と白き牝鹿ジンギスカン」(koei)というゲームは,もっとも優しい難易度でもクリアするのは結構難しい。その理由は,初期設定のデータが厳しすぎるというよりも,運の要素に左右されるからだ。

だから,このゲームの「運の要素」は,実はゲームとしての「公平さ」を意味し,それ故にプレイしていて楽しいゲームになっているのではなかろうか。

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/10(木) 21:34:03|
  2. ゲームの楽しさの考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第6章

ガーウェイン卿と弟の従者ガヘリスは白き雄鹿の探求をはじめる。

ガーウェイン卿は,途中でどちらが優れているか争っている兄弟(森のソールーズと森のブライアン)に会って武力を背景に仲裁する(いわば脅し?)。

ガーウェイン卿と従者ガヘリスが川を渡る雄鹿を追おうとすると,向こう岸にいた島のアラーディンが槍試合を申し込んできた。

島のアラーディンはガーウェイン卿に敗北して息絶える。

*争う兄弟の仲裁の話はかなり蛇足のような気がする。
*個人的な想像だが,武力を背景に仲裁を行うということは,騎士としての功績の1つとして考えられていたのではなかろうか。
*そう考えると,この章は,騎士として,仲裁と,戦闘での勝利という2つの功績を得るという,ガーウェイン卿の優れた騎士の素質を表現する為に書かれたものと言えなくもない。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/11(金) 22:50:43|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第7章

ガーウェイン卿とその弟の従者ガヘリスは,グレイハウンド犬を放ち,白い雄鹿をとある城の中に追い込んで殺してしまった。

白い雄鹿の所有者である沼のアブラモーが怒ってガーウェイン卿と戦うが敗北。

ガーウェイン卿は命乞いをする沼のアブラモーを許さず,首を切ろうとした刹那,沼のアブラモーの恋人が彼をかばって彼の代わりに首を切り落とされた。

沼のアブラモーはガーウェイン卿の命令で,アーサー王の宮廷へ行き,事の次第を報告することになった。

*若きガーウェイン卿の無慈悲さ故の失敗。
*キャクストン版では,ガーウェイン卿はあまり立派な騎士として描かれていないような気がする。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/12(土) 23:41:20|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現代版Wizardry

「ウィザードリィ」の最新版が,PlayStation3でダウンロード販売されているらしい。

Wizardry 囚われし魂の迷宮 Official Website

私は,PlayStation3を所持しているので,今後のゲーム製作の為にプレイしておかなければならないと思った。

早速購入してみようと思ったが,体験版をインストールした後でないと購入できないようになっていた(ライセンスキーを購入することによって,体験版の各種制限が解除されるらしい)。

年末で仕事が忙しく,なかなか時間がとれないので,とりあえず体験版をダウンロードし,インストールまでは済ませておいた。

今後,時間があるときにプレイしてみて,気に入ったらライセンスキーを購入しようと思う。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/13(日) 23:37:41|
  2. ゲーム関係の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

*注:この記事の情報には一部誤りがあります(コメント参照) キャラクター作成の方針(その1)

「Wizardry 囚われし魂の迷宮」を起動してみる。

やはり最初はキャラクターを作成しなければならないらしい。昔はこれだけでお腹いっぱい楽しめたが,今となっては面倒くさくて仕方がない。

しかも,追加アイテムを購入してボーナスポイント等を加算することができるようなので,お金持ちに有利なゲームになっている。

しかし,考えようによっては,このゲームはオンラインゲームではないから他のプレイヤーと競う必要はないし,年を取るとあえて不利な状況でゲームをクリアーするのが楽しかったりするから(年を取ったのが原因ではなく,成長するにつれてMっぽい属性を身につけただけなのかもしれない),貧乏人こそがより楽しめるゲームともいえる。


キャラクター作成については,完全に自由ではなく,5つの種族×2つの性別の10人の既存キャラにボーナスポイントを振り分けてキャラクターを製作するようだ(性格と職業は選択可能。グラフィックは固定)。

すなわち,エルフの女性だけのパーティーを作ることは不可能のようだ。

種族ごとに能力値に差は有るが,性別ごとの差は無い。

能力値ヒューマンエルフドワーフノームポークル
STR11
INT1014
PIE101011
VIT11
AGI12
LUC14
合計5051514949


職業は初期の「ウィザードリィ」と同じく,戦士・魔術師・僧侶・盗賊・侍・司祭・君主・忍者の8つのようだ。

僧侶と司祭は善・悪,盗賊は中立・悪の性格でないと選択できない。

初期の「ウィザードリィ」と設定が同じなら,侍は善・中立,君主は善,忍者は悪の性格でないとなれないのだろう。



10人の既存キャラの性格や職業をどのように割り振ったらよいかであるが,このゲームをどの程度一生懸命やるかによって方向性が変わってくると思われる。

長い時間プレイしようと思っているのであれば,ほとんど全てのキャラを戦士にしてHPを稼ぎ,ある程度育った後に他の職業に転職させれば良いし,とりあえずクリアすれば良いのであれば,転職時の能力値ダウンを避ける為に(現時点では転職時に能力値がダウンするかどうか不明だが,初期のウィザードリィの設定を引き継いでいればダウンしてしまうのだろう),最初から又は早めに上級職についた方が無難だ。



悪と中立のキャラクターだけでゲームをクリアできるのか,侍はムラマサブレード等を装備できて最強の攻撃力を誇るのか,シーフスダガーを使って盗賊から能力値ダウン無しで忍者に転職できるのか等々,このゲームに関する情報が足りないので,現時点では有利なキャラクター作成方法は確立できない。

「ウィザードリィ3」のように,善と中立だけのパーティーでしか探索できないエリアがあったりするのであれば,善のキャラクターも作成しておかなければならない。

ムラマサブレードが無ければ侍なんていらない。

シーフスダガーが無ければVITの高いドワーフを忍者にすることも検討しなければならない(罠解除ではほとんど使えない忍者となるが,ポークルとかで忍者を作るとVITが低すぎてHPが低すぎる戦闘では全く使えない忍者ができあがる可能性がある)。


とりあえずは,色々なことに対応できるように,バランス良くキャラクターを作成しておく必要がありそうだ。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/14(月) 22:52:05|
  2. Wiz囚魂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

キャクストン版第3巻第8章

四人の騎士が襲いかかってきて,ガーウェイン卿とその弟で従者のガヘリスは捕虜になった。

ガーウェイン卿とガヘリスは殺されそうになるが,四人の貴婦人の助命嘆願で救われた。

ガーウェイン卿と従者ガヘリスは雄鹿の首を与えられ,身柄を解放されるが,アーサー王の城に帰還するまで貴婦人の頭部を首に吊して前に下げ,乗った馬のたてがみに死体を乗せてゆくこと,アーサー王に全てのことを話すことを約束させられる。

帰還後,ガーウェイン卿は,アーサー王に全てを話した。

アーサー王とグィネヴィア王妃は非常に立腹した。王妃は,ガーウェイン卿に対し,今後は,婦人たちのために戦うこと,常に礼儀を正しくすること,慈悲を乞う者に対して決して拒まないことを命令する。

*ガーウェイン卿の冒険譚はこれで終了。
*ガーウェイン卿は,身柄解放の条件に従い,自分が殺した貴婦人の頭部を首に吊して前に下げ,乗った馬のたてがみに死体を乗せてゆくという非常にグロテスクなことをしながらアーサー王の城に帰還したわけだが,死んだ貴婦人に対する侮辱にならないのかとか思った。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/15(火) 23:38:56|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第9章

トー卿は,猟犬を連れ去った騎士を追っていたが,途中で2人の騎士に使えている小人に行く手を阻まれる。

小人曰く,2人の騎士と槍試合をして勝たないと,この先へ通すわけにはいかないとのこと。

トー卿は乗り気ではなかったが,2人の騎士(ランドックのフェロット卿,ウィンチェルシーのペティペイス卿)を打ち負かして降伏させる。

2人の騎士に愛想をつかした小人はトー卿の配下となり,猟犬を連れ去った騎士のもとへ案内する。

*小人が薄情すぎるような気もしないではないが,2人の騎士にはそれほど人徳が無かったとも考えられよう。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/16(水) 23:12:01|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

*注:この記事の情報には一部誤りがあります(コメント参照) 「Wizardry 囚われし魂の迷宮」をちょこっとお試しプレイ

10人のキャラクターの能力値を設定してキャラクター登録し,その10人の中からパーティーを編成するのだと思っていたが,全然違っていた。

新規でキャラクターを1人作成すると,そこからすぐにゲーム開始となる。

そのキャラクターがリーダーとなって,ストーリーが進行するようだ。


ギルド等に最初からいるNPCや,ゲーム開始後に作成したキャラクターをパーティーに加えて冒険に出るシステムになっていた。

迷宮に入ってキャンプをするとセーブができる。

セーブファイルは1つしかない。

再度10人のキャラクターから1人選んで能力値等を設定し,キャラクター登録すると,いままでのデータは全部上書きされて抹消される。


周回プレイ時の特典でセーブファイルが増えるシステムになっていれば別だが,要するにこのゲームは10回クリアしなければならないということか。

しかも新たに10人の中からキャラクターを作成すると,ゲーム開始後に作成したキャラクターも全部抹消されてしまうようなので,「ウィザードリィ」のキャラクターをじっくり鍛え上げるという楽しみはなさそうだ。

このゲームは「ウィザードリィ」とは全く別物のゲームだと思っておいた方が失望しないで済みそうだ,とか思った。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/17(木) 23:59:59|
  2. Wiz囚魂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

キャクストン版第3巻第10章

トー卿が,小人に案内されて,貴婦人たちが眠っている天幕に行ったところ,そばにいた白い猟犬が激しく吠えた。

貴婦人たちは目を覚ましたが,トー卿は彼女らが非難するのを無視して白い猟犬を奪う。

トー卿がキャメロットへ帰還中,白い猟犬を奪い返しに来た騎士(アベリュース)と戦闘となり,トー卿はからくも勝利する。

*アーサー王とグィネヴィア王妃との婚礼に端を発した3人の騎士の冒険のうち,成功したと言えるのはトー卿の冒険のみであるが,トー卿のやったことは,強奪と変わりないような気がする。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/18(金) 23:03:53|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第11章

トー卿が騎士アベリュースを打ち負かしたところ,一人の乙女がやってきた。

乙女は,トー卿に対し,騎士アベリュースの首が欲しいと願い出る。

以前,乙女の兄は,アベリュースと武勇を競うためだけに戦って敗北した。乙女は泥の中半時間もアベリュースに助命嘆願したが,アベリュースは聞き届けず,乙女の兄を殺害したのだ。

最初は躊躇していたトー卿も,乙女から上記の話を聞いて,アベリュースの首を切り落とす。

その後,トー卿は無事にアーサー王の宮廷に帰還し,たまたまアーサー王が手に入れていた伯爵領を与えられた。

*トー卿の冒険譚はこれでお終い。
*トー卿は前章までは単なる強奪者であったが,騎士アベリュースが不徳の騎士だというこのエピソードのおかげで,良い騎士だという評価になるのだろう。とってもご都合主義的だ。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)



テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/19(土) 16:54:33|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第12章

ペリノー王が婦人を連れ去った騎士の後を追って森の中を進んでいると,谷の泉のそばに傷ついた騎士を抱きかかえて座っている乙女がいることに気が付いた。

乙女はペリノー王に助けを求めたが,ペリノー王は先を急ぐので乙女の願いは聞き入れなかった。

傷ついた騎士は死亡し,乙女は後を追って自殺した。

ペリノー王は谷を進み,一人の貧しい農夫から,婦人を連れ去った騎士の居所を聞き出す。

婦人を連れ去った騎士(ウェントランドのホンツレイク卿)は,婦人の従姉妹の騎士ログリスのメリオット卿に足止めされているらしかった。

ペリノー王は,争っている二人の騎士のもとへ行き,2人と戦って力ずくでも婦人をアーサー王の宮廷に連れ帰ることになった。

ペリノー王は,まずホンツレイク卿を一撃で殺してしまった。

*ペリノー王が乙女と騎士を見捨てたことによって,後にペリノー王は大きなショックを受けることになる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/20(日) 17:24:06|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第13章

ペリノー王の凄まじい一撃を見て,婦人の従姉妹の騎士(ログリスのメリオット卿)は降参した。

ログリスのメリオット卿は,ペリノー王に婦人の名前がニミュエであることを教え,盟友の騎士である島のブライアンを紹介する。

ペリノー王とニミュエは石だらけの谷を通ってアーサー王の宮廷に帰還していた途中,真夜中に早足で行く馬の足音を聞いた。

*マーリンがこの物語から退場する原因となった(いわば殺害した)「ニミュエ」登場。
*さすがのペリノー王も,ニミュエには手を出さなかったようだ(ログリスのメリオット卿とも約束していたし)。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/21(月) 21:59:18|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第14章

ペリノー王は,別々の方向から来た二人の騎士が話しているのを隠れて聞いた。

一人はアーサー王が隆盛を極めていることを自分の主君である領主に伝えに行くところだった。

もう一人はアーサー王の宮廷に行くところで,アーサー王が可愛がっている者の中に秘かに通じている者がおり,その者と協力してアーサー王に毒を盛るつもりであるらしかった。

ペリノー王とニミュエが谷の泉のそばまで帰ってくると,ペリノー王が見捨てた騎士と乙女の死体が野獣に食い尽くされているのを見つけた。

悲しんだペリノー王は,ニミュエの言うとおりに,乙女の首をアーサー王の所へ持って行くことにした。

*アーサー王に毒を盛る企てについては,何かの伏線のつもりなのだろうが,その伏線がきちんと回収されるかどうかは不明(一応キャクストン版は通読したが,もう私自身の記憶が薄れてきている。アーサー王に毒を盛るエピソードなんてあったかしら?)
*ガーウェイン卿の冒険譚でもあったことだが,人の首をぶらさげて歩くということを平気でやるのが騎士道なのだろうか?

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/22(火) 21:40:35|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第3巻第15章

ペリノー王とニミュエはアーサー王の宮廷に帰還した。

マーリンは,ペリノー王が見捨てた乙女の名はエレーンといい,実はペリノー王がルール婦人との間にもうけた自分の娘であること,死んだ騎士はラーンズのマイルズ卿と行って,卑劣な騎士ロレーヌ・ル・ソヴァージュに後ろから槍で刺されて怪我を負っていたこと,乙女が自害したことを告げる。

また,マーリンは,ペリノー王が乙女を見捨てた罪により,ペリノー王は,自分が殺されるときに,親友から見捨てられることになると予言する。

*ペリノー王はそこら中に子どもを作っているなぁとか思った。
*ペリノー王の冒険譚はこれで終了。
*同時にキャクストン版3巻もこれで終わる。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/23(水) 13:51:20|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「Wizardry 囚われし魂の迷宮」を改善するとしたら?

現代版「ウィザードリィ」ともいえる,「Wizardry 囚われし魂の迷宮」を数時間プレイしてみた。

ゲームをプレイする時間なんてあまりないはずなのに,思わず体験版の制限を外すライセンスキーを購入してしまうほど面白い。

不満があるとすれば,レベルアップ時に上昇する能力値やHPが気に入らなかった場合に,いちいちタイトル画面に戻ってロードしてやり直すことだろうか。

「昔のウィザードリィ」は,キャラクターの経験値が溜まっても,宿屋で休憩をとるまでレベルアップはしなかったような記憶があるが,「現代版ウィザードリィ」は経験値が溜まると迷宮内ですぐにレベルアップする。

すなわち,レベルアップ時に能力値が下がってしまったり,HPの上昇率が低かったりした場合,やり直すには再度戦闘をして経験値を稼がなければならない。

直近のセーブデータがあればまだ良い方で,しばらくセーブしてないと何度も戦闘を繰り返す羽目になる。

だから,キャラクターのレベルアップが近くなったら,1回の戦闘ごとにセーブをするのだが,やっぱり面倒くさいことこの上ない。


セーブ&ロードを繰り返すというやり方は,かなり煩わしい。昔はゲームに費やせる時間がかなりあったが,今は無いので本当に面倒くさい。

ランダムにHPが上昇したり,ランダムに能力値が上昇・低下するシステムは,いっそのこと放棄してしまえば(もしくはプレイヤーが「昔のウィザードリィ」のようなランダムなシステムで遊ぶか,そうでないポイント振り分けのような日和ったシステムで遊ぶか選択できるようにすれば),このゲームをストレスなくプレイできるのになぁとか思った。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/24(木) 01:13:57|
  2. Wiz囚魂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第4巻第1章

マーリンは,ペリノー王が連れてきた「湖の貴婦人」の一人であるニミュエを溺愛するようになった。

ニミュエは,マーリンを手玉にとって,彼から魔法の使い方を教わる。

しかし,ニミュエは,マーリンがニミュエを求めていつもすぐそばで寝るので,マーリンを疎ましく思うようになった。

ある日,マーリンがニミュエに大きな石の下に隠されている素晴らしい不思議を見せようとした。

しかし,ニミュエはマーリンを騙して彼を石の下に行かせ,魔法で地中に閉じこめた。

*偉大なる魔術師マーリンのストーカー愛。
*石の下に埋められたマーリンは,近くを通りかかった騎士と会話をするという方法で,この後もちょっとだけ登場する。
*でも実質的にこの物語からは退場扱い。
*別の版のエピソードでは,ニミュエがマーリンの愛をつなぎ止める為に閉じこめることになっているが,個人的にはキャクストン版のストーカーのマーリンがニミュエに嫌われて閉じこめられるという方が好きだ。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/25(金) 22:05:05|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャクストン版第4巻第2章

5人の王がアーサー王に戦争をしかけてきた。

アーサー王は,とりあえず手勢の者たちだけで出陣し,ペリノー王に後から軍をまとめて追ってくるように命じた。

5人の王たちは,アーサー王の優秀な騎士団が参集する前に,アーサー王が率いてきたわずかな手勢だけを狙って叩く作戦をたてた。

*5人の王は,デンマーク王,アイルランド王,ヴェイル王,ソレイズ王,ロングテイン島の王。

参考資料:「アーサー王物語Ⅰ」(トマス・マロリー著,井村君江訳,筑摩書房)


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/12/26(土) 20:52:25|
  2. 物語のあらすじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Project:WireFrame

PS3で「Wizardry 囚われし魂の迷宮」をプレイして,ウィザードリィ・タイプのゲームの面白さを再確認させられてしまった。

キャラクターのレベルアップ時の処理等,面倒くさい点も多々あるのだが,迷宮の地図を埋めていく征服感(とそれに伴う快感)はそれを上回る。

私がウィザードリィをプレイしていたのは小学生のころだ(大学生ころに一度復刻版が出て再度プレイしたこともあった)。

そのころはベーマガ(マイコンBASICマガジン)が未だ休刊にはなっておらず,私はゲームをプレイするだけではなく,作ることにも興じていた。

そういえば,当時,ウィザードリィのようなゲームも作りたいと思っていたはずだ(ベーマガに一度ワイアーフレームで3Dダンジョンを表示するゲームのプログラムが掲載されていて,それをパクって作ってみた記憶がある。結局,キャラクター作成画面やアイテムやモンスターのデータ等を作るのが面倒で,完成はしなかったが………)

今は,「3DダンジョンRPGコンストラクションセット」(マニアックソフトウェア本舗)という便利なフリーウェアがあるので,作ろうと思えば昔より楽に作れるはずだ。

というわけで,小学生のころの夢を実現すべく,上記ソフトを使ってウィザードリィ・タイプのRPGを作ってみることを企画してみた。

もちろん,ただ単にウィザードリィの真似をしても仕方がないので,私のゲーム製作の基本的な傾向(忙しい社会人が土日を使ってクリアできる程度のボリュームにする)に沿ったものにするつもりだ。

キャラクターの育成やアイテムの収集といった時間のかかる要素は排除する予定だ。

その代わり,シナリオを複数用意するのはどうだろうか,とか思った。

1本のソフトで,短めのゲームブックを幾つか遊ぶ感じをイメージしている。

「3DダンジョンRPGコンストラクションセット」では,シナリオを多数作成できるようなので(最大3635本),1シナリオにつき,ダンジョンは1~2F程度で充分かもしれない。

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/27(日) 22:29:53|
  2. Project:WireFrame
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職業名を無理矢理考えてみる(その1)

3DダンジョンRPGコンストラクションセット(マニアックソフトウェア本舗)では,キャラクターの職業を15個まで設定できるらしい。

各職業は,戦士,盗賊,僧侶,魔術師の各技能を1つ以上保有していることになる。

保有している技能に応じた名前を考えるのは結構難しい。

とりあえず,思いつくところだけ埋めてみた。

保有技能考えた職業名
戦士戦士
盗賊盗賊
僧侶僧侶
魔術師魔術師
戦士+盗賊ローバー,強奪者
戦士+僧侶パラディン,ロード
戦士+魔術師魔法戦士
盗賊+僧侶???
盗賊+魔術師魔法盗賊
僧侶+魔術師司祭
戦士+盗賊+僧侶???
戦士+盗賊+魔術師???
戦士+僧侶+魔術師???
盗賊+僧侶+魔術師???
戦士+盗賊+僧侶+魔術師???

意外と埋まらない。特に技能が3つ以上となると,何だか想像がつかない。

ていうか,3つ以上の技能を持たせてしまうと,ゲームとしての戦略性が無くなってしまいかねない(どうしても作成するのなら,HPや装備できるアイテムが少ないなど,色々なハンデを持たせるべきだろう)。

「盗賊」関係の職業も難しい。「盗賊+僧侶」なんて,普通に考えたらとんでもないことだ(悪の性格のみ選択可能というのであれば良いが)。

一応埋めている「戦士+盗賊」や「盗賊+魔術師」も,やはりゲームとしての戦略性が無くなってしまいかねない(「戦士+盗賊」はウィザードリィの「忍者」に該当すると考えられなくもないが………)。

役に立たないけれども,アイテム収集の為に「盗賊」が必要だという状況を作らないと,「盗賊」という職業が無に帰してしまう。

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/28(月) 22:16:49|
  2. Project:WireFrame
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職業名を無理矢理考えてみる(その2)

前回の記事(職業名を無理矢理考えてみる(その1))の続き。

短めのゲームを製作するのであれば,やはり面倒でも多数の職業を設定しておいて,プレイヤーの選択の幅を広くしておく方が良いかもしれない,とか思った。

そうすると,ゲームの戦略性が失われる恐れが高いのだが,3DダンジョンRPGコンストラクションセット(マニアックソフトウェア本舗)で設定できる職業の個性は,戦士・盗賊・僧侶・魔術師の4つのスキルのみではない。HPや装備品,レベルアップに必要な経験値,その職業に就ける性格等でも色づけが可能だ。

一旦,プレイヤーの視点で職業選びを検討してみることにした。

戦士技能のある職業は前衛に,それ以外のものを後衛にするであろうと考えて,前衛職業,後衛職業のバランスについて検討してみた。また,僧侶技能があって魔術師技能がないものは前衛・後衛双方に使われる可能性があるとも考えた。さらに,盗賊技能を有する職業は後衛からも攻撃が可能な設定にできるので,それも前衛・後衛双方に使われる可能性があると考えた。

加えて,イメージを膨らませる為に,与えるべきHP(戦士4,僧侶3,盗賊2,魔術師1として平均値を出す)や成長速度についても考えてみた(技能の数によって早い・普通・遅い・かなり遅い)

前衛/後衛保有技能与えるべきHP成長速度
前衛戦士早い
前衛戦士+僧侶3.5普通
前衛戦士+魔術師2.5普通
前衛戦士+僧侶+魔術師2.66遅い
前衛・後衛僧侶早い
前衛・後衛盗賊+僧侶2.5普通
前衛・後衛戦士+盗賊3.5普通
前衛・後衛戦士+盗賊+僧侶遅い
前衛・後衛戦士+盗賊+魔術師2.33遅い
前衛・後衛戦士+盗賊+僧侶+魔術師2.5かなり遅い
後衛盗賊早い
後衛魔術師早い
後衛盗賊+魔術師1.5普通
後衛僧侶+魔術師普通
後衛盗賊+僧侶+魔術師遅い

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/29(火) 00:53:57|
  2. Project:WireFrame
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パーティーのメンバーが魔術師のみのゲーム

「ウィザードリィ」のようなゲームで使えそうなキャラクターの職業を考える為に,色々な本を読んでいると,魔術師系(僧侶系も含む)の職業の方が簡単にバリエーションを増やすことができそうなことに気付く。

属性ごとに,炎の魔術師,水の魔術師,風の魔術師,土の魔術師,光の魔術師,闇の魔術師としても良いし,召喚術師,ビーストマスター,妖術師,死霊術師,ドルイド(僧),陰陽師,密教僧,巫女,神主,修道僧,降霊術師,精霊術師,錬金術師などなど色々な名前が浮かんでくる。

いっそのこと,主人公キャラが魔術師だけのRPGがあっても良いのではないかという気がしてくる。


あんまり面白いものになるとは思えない。

魔術が手軽なものではなく,生け贄とか特殊な儀式(迷宮内の特定の3つの場所にモンスターの心臓を捧げないと特定の魔法が使えない等)とかが必要なものとし,ドロドロとしたホラーものっぽさを出せれば(依頼されるクエストが思わず砂を吐くような内容だとか),雰囲気だけで突っ切れるかなぁ,とも思った。


テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/30(水) 21:45:32|
  2. アイデアメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。