HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木曜日の楽しみが一つ増えた

今日午後11時30分から,BS-TBSで「こだわりゲーマー」なるゲーム番組がはじまる。

毎週チェックしようと思う。

スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/07/16(木) 21:35:44|
  2. ゲーム関係の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インベーダーゲームの凄さ

「月刊まんがタウン」11月号2009VOL.108(双葉社)に収録されている「70’s(セブンティーズ)愛ライフ」(吉田美紀子)という漫画で,「スペースインベーダー」ゲームが1970年代の日本に与えた影響をネタにしていた。

「スペースインベーダー」ゲームのことは知識としては知っていたし,復刻版で何度かプレイしたこともあったが,単に昔流行ったゲームとしか認識していなかった。

しかし,上記の漫画では,インベーダーブームのせいで100円玉の流通量に問題が生じ,日銀が緊急対策をとったというようなことが描かれていた。

そんなわけあるかよとか思って,ネットで少し調べてみた。


参考リンク:Wikipedia「スペースインベーダー」


上記参考リンクでは直接的に日銀が動いて緊急対策をしたとは書かれていないようだが,他のサイトではもっと直接的に書かれているものがあるので,どうやら本当のことだったらしい。

凄いことだと思う。



上記漫画では,1970年代でも現在と同じく,何か事件が起こると「ゲームがいけないのだ」と悪者扱いをされていたというようなことも描いてあった。

ゲームはそれから格段に進化したが,人間の方はあまり変化していないんだなぁとか,ちょっと感慨深い。

ちなみに,「月刊まんがタウン」の表紙は数年前から「クレヨンしんちゃん」だ。2009年11月号でも「クレヨンしんちゃん」は何事も無かったかのように掲載されているが,雑誌の後ろの方のページ(P209)で,作者の臼井儀人氏へのお悔やみと,生前描かれた原稿があるのでもう少し掲載ができる予定であることが書かれている。思えば「クレヨンしんちゃん」も色々と悪者扱いされていたことがあった。

個人的には,作品自体には何の罪も無いと思う。

自制したり,教育したりすれば良いだけの話だ。

作品自体を悪者扱いするのは,自制や教育にかかる労力を引き受けたくない怠惰さの顕れだと思う。



テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/11/02(月) 00:09:32|
  2. ゲーム関係の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現代版Wizardry

「ウィザードリィ」の最新版が,PlayStation3でダウンロード販売されているらしい。

Wizardry 囚われし魂の迷宮 Official Website

私は,PlayStation3を所持しているので,今後のゲーム製作の為にプレイしておかなければならないと思った。

早速購入してみようと思ったが,体験版をインストールした後でないと購入できないようになっていた(ライセンスキーを購入することによって,体験版の各種制限が解除されるらしい)。

年末で仕事が忙しく,なかなか時間がとれないので,とりあえず体験版をダウンロードし,インストールまでは済ませておいた。

今後,時間があるときにプレイしてみて,気に入ったらライセンスキーを購入しようと思う。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/13(日) 23:37:41|
  2. ゲーム関係の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続編が出たらやっぱり買うと思う

最近仕事が忙しいせいか,しばらく本屋に立ち寄ることがなかったのだが,今日は出張帰りに少し時間があったので,久しぶりに本屋に行ってみた。

前から気になっていた「杏野はるなのレトロゲーム読本」(杏野はるな著,2010年,発行所:株式会社ウェッジホールディングス,発売元:株式会社文苑堂)を購入。

著者が自らのブログで一生懸命原稿を書いていると言っていたので,分厚い本を想像していたが,書店で手に取った際,思っていたより薄い本だと思った(全ページ数は160)。

しかし,帰宅後パラパラとページをめくってみると,小さな文字がたくさん詰まっていた。結構な文章量だ。

レトロゲームの攻略記事や,著者オススメのレトロゲームのプレゼンにページの多くが割かれているが,ゲーム製作が趣味の私としては,遠藤雅伸氏(「ゼビウス」や「ドルアーガの塔」の生みの親)との対談が興味深かった。

ゲームのどういう所が面白いと感じられるのかについても,攻略記事やプレゼンの中に何かヒントが隠されているように思われる(まだ全部読んでいないので何ともいえないが……)

私もレトロゲームが好きだが,コンシュマー機のレトロゲームにはあまり(ていうかほとんど)興味が無いので,ちょっと読むのは辛そうだが,頑張って少しずつ読み進めてみようと思う。


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/02/09(火) 23:46:16|
  2. ゲーム関係の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。