HodoThePumpkin

結構いい年したおじさんの趣味に関するブログ。

お知らせ

アーサー王物語のあらすじ目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(キャクストン版)目次はこちらから
アーサー王物語の人物録(マビノギオン版)目次はこちらから(現在作成中)
・アーサー王物語を題材にしたゲーム「Avalon」は現在諸事情で公開停止中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年6月20日午前4時30分

眠りから覚めてはいたが,
布団の中で,これから起こるかもしれない幸せなことに思いを馳せていた。

想うだけで幸せな時間だった。

これで過去を払拭できると思った。


その時,天井から目に見えない何かがドサリと落ちてきた。

次の瞬間金縛りになった。

過去からしがみつくモノだと直感した。


いつもなら,金縛りになった時,
必死で身体を動かそうと抵抗するのだが,
今回はあえて抵抗しなかった。

目に見えないモノは,
私の身体を布団の上からまさぐって,
10秒もしないうちに消えてしまった。

目に見えないモノは,
本当に何も見えなかったのだが,
泣きそうな顔をしていたと,何故か思った。

スポンサーサイト

テーマ:怪奇・超常現象 - ジャンル:

  1. 2009/06/22(月) 23:52:29|
  2. ホラーシナリオメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成21年7月某日

疲れ果てて帰宅。頭痛が酷い。自宅マンションのエレベータに乗り込む。自分の降りる階のスイッチを押した数秒後,地震のような揺れを感じる。エレベータが下へと降下しはじめた。このマンションには地下は無い。エレベータをスイッチは,自分の降りる階のみ点いている。焦ってスイッチを連打する。さらに数秒後,一瞬の目眩を感じた後,無事にエレベータは上昇し始めた。疲れをためるのは良くない。バッファリンを飲んで横になろう。そういえば,今日はあの人の誕生日だった。

テーマ:怪奇・超常現象 - ジャンル:

  1. 2009/07/30(木) 21:06:13|
  2. ホラーシナリオメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年8月20日午後3時ころ

外は雨が降っていた。

場所はエントランスの壁が鏡張りのビル。

ビルの中で用事を済ませ,エレベータで1Fまで降り,
エレベータから出ようとした,まさにその時に遭遇。

エレベータのドアが開くと,薄茶色の服を着た中年の男性が立っていた。
これは別に不思議ではない。
エントランスの壁の鏡にもその中年の男性が映っていた。

鏡には,中年の男性のすぐ隣に黒い服を着た若い女性も映っていた。
黒い傘を持っていた。

外は雨だったので,最初は別に不思議に思わなかったが,
中年の男性の隣には黒い服の女性は存在しない。

私がエレベータから降りた後,
入れ違いに中年男性がエレベータに乗り込んだ。

振り向いて確認してみたが,エレベータには中年の男性しか乗っていない。

エントランスには他には人は居なかった。



翌日から,私は目の奥が異常に痛い。今も痛い。

テーマ:怪奇・超常現象 - ジャンル:

  1. 2009/08/21(金) 21:38:48|
  2. ホラーシナリオメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年12月某日

年の瀬が迫り仕事に忙殺される毎日が続く中,ひさしぶりに早めに帰宅することができ,ほぼ1ヶ月ぶりにソファーに寝ころびながら下らないテレビに興じることができた。今日は家族の者も所用で誰も居ない。

しばらくテレビを見ていると,私のかけているメガネの左側のレンズの左側下の片隅に白い靄が見え始めた。レンズが汚れているのだろうと思ったが,テレビを見るのには特に支障がなかったので放置しておいた。

白い靄は範囲こそ拡大しなかったが,次第に白さを増していった。さすがにテレビに興じることにも支障が出はじめてきたので,ちらっと視線を白い靄の方へと移した。

白い靄は既にはっきりと純白となっていた。

純白のスクリーンの中で,突然扉が開いた。扉は全体が映っているわけではなく,扉の下方のみ映されているようだった。

扉の中からそっと白い足が出てきたので,慌ててメガネを外して白い靄を拭い取った。


嗚呼。

私はいつからこんなにも臆病になってしまったのだろう。

全てが終わるまで見届ければ,全てが解決されたやもしれないのに。





白い世界には扉がある。

テーマ:怪奇・超常現象 - ジャンル:

  1. 2009/12/09(水) 23:16:38|
  2. ホラーシナリオメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年2月某日

自室に籠もってブログの記事をUPした後,トイレに行くために,電気をつけっぱなしにして部屋を出る。

すぐに戻ってくる予定だったので,部屋のドアも開けっ放しにしておいた。

用を済ませて部屋に戻る途中,開けっ放しにしていたドアの隙間からいつものベッドが見える。

いつもと違う点は1つ。

水死体かと思うほど白い左手が置いてあったことだ。

幻覚だ。

静かに目を閉じて5秒数える。

5……4……3……2……1……

静かに目を開けた。

ベッドの上には何も置いていなかった。



翌日,白無垢姿の彼女を眺めてふと気付く。

白く塗られた彼女の手は,昨日見た水死体のように白い手をそっくりだ。



少しだけ安心した気持ちになった。





しかし,彼女の左手の薬指には指輪がある。

昨日のアレにはなかった。

テーマ:怪奇・超常現象 - ジャンル:

  1. 2010/02/20(土) 21:33:02|
  2. ホラーシナリオメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

HodoThePumpkin

HodoThePumpkin
私のFC2プロフはこちらから

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

個人サイト様リンク

ツクール系リンク

ツール系リンク

コミPO!

レトロゲーム関係リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

謝辞

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。